リップル(XRP)の買い方は簡単?初心者向け【取引所】比較ランキング

 

今回は、リップル(Ripple)が買える取引所を比較してランキングにしていきます。

リップル(Ripple)とは、Googleが投資した事で話題になっている仮想通貨です。仮想通貨とは、bitcoin(ビットコイン)などの総称となっています。仮想通貨の中でも群を抜いているbitcoin(ビットコイン)ですが、そもそも同じ仮想通貨ではあるものの、なぜリップル(Ripple)が注目を浴びているかについて解説します。

 

記事を読む時間がなく、手数料の安い取引所を探しているなら、『【coincheck】コインチェック』で購入しましょう。

コインチェック

ぼくも、この取引所でリップル(Ripple)の取引をしています。

 

 

リップル(Ripple)の魅力とは

 

リップル(Ripple)は仮想通貨の中でも時価総額が3番手という規模にあります。1位のbitcoin(ビットコイン)、2位のイーサリウムと数ある仮想通貨の中でも時価総額の規模にも注目が集まります。

リップル(XRP)の将来性

XRPという仮想通貨単価を独自で持ち、Rippleネットワークの通貨(XRP)を使い、色々な通貨とやり取りができるので、リップル(Ripple)は、オルトコインの中でも将来性が高く期待できる仮想通貨と言われています。

 

リップル(XRP)に投資している企業

リップル(Ripple)にGoogleが投資したニュースから、リップル(Ripple)が高騰しました。

実は、リップル(Ripple)に投資しているのは、Googleだけでなく、Andreessen Horowitz, Bitcoin Opportunity Fund,FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Vast Venturesその他にも有名な投資会社も数多く出資しているいるのです。

それでは、リップル(XRP)の購入するのにおすすめな取引所を色々な角度から見て、ご紹介いたします。

 

リップル(Ripple)の取引にかかる手数料

 

 

取引所 Taker手数料 Maker手数料
coincheck(コインチェック) 無料 無料
ビットバンク(bitbank.cc) 無料 無料
GMOコイン 無料 無料

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにcoincheck(コインチェック)やその他の取引所でも、ほとんどの場合、Taker手数料とMaker手数料は無料です。

ここで比較するために、注目したいのは取引量です。

取引量で国内で圧倒的なシェアを誇るのが、coincheck(コインチェック)になります。初心者にも視覚的に見やすい、取引がわかりやすい部分に人気の秘密があります。

coincheck(コインチェック)

上記のように一番左のbitcoin(ビットコイン)から、その他のオルトコインまで、どのオルトコインが上がっているかが、一目でわかるようになっています。全部上がっている画像でバブリーですね(汗)

リップル(Ripple)はこちらの画像

リップル(Ripple)

 

coincheck(コインチェック)に登録して購入してから右肩上がりで、順調に推移しています。

 

リップル(Ripple)の取り扱いがある取引所の選び方

 

リップル(Ripple)の売買をする取引所を選ぶときのポイントを5つにまとめてみました。

 

  • リップル(Ripple)を取り扱っている事
  • 取引手数料が安い事
  • 安全性がある事
  • 取り扱い通貨の多い事
  • 取引量が多い事

 

リップル(Ripple)を取り扱っている事

 

当然ですが、リップル(Ripple)の取扱いがなければ、購入できません。リップル(Ripple)の売買ができる取引所を選ぶのが、大前提になります。

 

取引手数料が安い事

例えば、リップル(Ripple)をとても良い買値で買えたとしても、手数料が高いのでは、購入単価も上がってしまいます。

1回の取引の手数料は微々たるものと感じるかもしれませんが、実際に積み重なると大きな金額となります。そうした、見えない損をしない為、できる限り手数料の安い取引所を選びましょう。

 

安全性がある事

 

リップル(Ripple)やその他の仮想通貨は、とても安全性の高いものだと言われています。しかし、現に仮想通貨が盗まれたり、取引所が倒産して潰れてしまうこともあります。もしも、せっかく増やした大事な資産が一瞬でなくなります。これはリップル(Ripple)への投資に限った事ではありません。

 

そのようなことがないように、安全性や倒産リスクを考えて、取引所も選ぶべきです。

セキュリティの設定でも2段階認証などを導入している取引所をオススメします。

 

取り扱い通貨の多い事

 

リップル(Ripple)や1番有名な仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)やその他の仮想通貨が気になった時に1つの取引所でやり取りができるのは、とても便利です。なので、できる限り取扱い通貨の多い取引所が良いです。

 

また、安全性の部分でもお伝えしましたが、取扱いをしている仮想通貨が多いということは、流動性も高まり、利用者が増える仕組みを作ります。

つまり、安全性や倒産リスクを考えた上でも、取扱い通貨の多い取引所を検討材料の1つにしていくと良いです。

取引量が多い事

 

取引量も安全面でのカバーになります。取引量が増えることで、倒産リスクは減少傾向となります。

その理由の1つは、利用者が多いことが挙げられます。また、利益を出していくためには、できる限り、安い手数料や安全性が確保できている取引所が人気ともなります。

つまり、取引量が多い事で、利益の出しやすい環境であったり、セキュリティ面が強化されやすい傾向が出てきます。

リップル取扱い初心者向け【取引所】比較ランキング

上記の事を比較して、ランキングをつけていきます。

条件としては3つ

  • 初心者でも使いやすい
  • 安全性
  • 手数料

 

この3つを比較していくと・・・