XRPをしっかり管理『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?


初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ取引所一覧

ビットバンク(bitbank)
ビットバンクは金融庁の登録事業者にあたります。 また、リップルの取り扱いもしています。 口座開設におおよそ1週間程度見ていれば開設できるのもメリットです。
↓公式サイト↓


QUOINEX(コインエクスエクスチェンジ)
コインエクスチェンジでもリップルの取り扱いが始まりました。
デメリットは口座開設までに時間がかかること。(約3週間)
しかし、セキュリティー面を考えていくと日本の取引所の中でも高水準です。
分散投資を考え、開設をお勧めします。
↓公式サイト↓
 
コインチェック(coincheck)
仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック
がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin コインチェック

【リップル】の「円」での買い方とXRPのレート

仮想通貨を利用するとき、一番わかりにくいのが、リップルの単位との単位が違うこと。そして、円換算するとき、株や外貨と同じで毎日、毎時間取引の量で、額が変わってしまうことです。

株や外貨預金などを普段利用している人は、違和感なく取り組めますが、こういったことに慣れていないと、わかりにくいですね。

さらに、仮想通貨という言葉でもわかりますが、目の前に株券や証券がないため、実際に自分が購入した分が、紙やコインと言う形を持っているわけではないので、いったい円にしたら、いくらになるのだろう、と迷ってしまう人がいますね。

外貨預金や株の経験がなくても、海外旅行やゲームに慣れ親しんでいる人は、単位が違うお金、目に見えないお金に慣れています。

しかし、今後仮想通貨と言うものが、スタンダードになっていくと、高齢になればなるほど、当たり前の経済にも付いていけなくなりそうです。

 

仮想通貨と円の関係

まず、仮想通貨というものもビットコインやネム、イーサリアム(またはイーサリウム)、そしてリップルと言った多種があります。

それぞれが違う特徴をもち、管理者が違い、レートも単位も異なります。

株をやっている人なら、同じ1株でもA社は5万円、B社は200円と違うので、レートの違いはまずわかりますね。外貨をやっている人なら、今日は108円が1ドルだけど、昨日は107円が1ドルだった、ユーロなら1ユーロが132円、とドルとはレートが違うというのもわかります。

仮想通貨もこれと同じです。

違うのは管理をしているのが、国ではなく企業であったり、個人であるという違いと、外貨のように、その国の紙幣を自分の目で見ることができず、自分のネット上の、情報内だけの管理となることです。

その中でも、一番気になるのが単位ですね。

リップルの単位はXRPと言うもので表します。日本円の「円」アメリカの「ドル」と同じです。そして、1XRPでいくら、という単位で取引をされます。

リップルはリップルネットワークのゲートウェイので利用することができる、通貨です。その中でしか利用できないなら、価値はあるの?と不思議に思う人もいると思いますが、リップル同士で海外に送金をし、送金先で、ドルやユーロに替えて利用したり、そのままリップルとして利用可能な企業での買い物をすることができる。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

これが仮想通貨の使い方です。

そして、投資をする場合は、このXRPを利用する人が増え、価値が上がると、1ヶ月前まで1XRP100円だったものが、120円になれば、1XRP持っていると、自分の持ち金が100万円から120万円に増え、20万の増額になります。

オンラインゲームをやっている人には、この感覚がわかりやすいと思います。1000円課金して、10万コルにし、オンライン内で利用できるアイテムや情報を購入して、クエストを攻略すると、更に自分の持ち金が増えますよね。これと似たようなものです。クエストが、投資と言うゲームになった、と言うことでしょうか。

それでは、リップルを利用したい場合、日本円では一体いくらになるのでしょう。

 

リップルを円で購入してみましょう

まず、リップルの販売所で、一番安心して利用できるのが、「住信SBIネット銀行」です。住信系ですので、安心して利用できるかと思います。

こちらでは現金による振り込みと、クレジット決済が利用できます。

クレジット決済の場合よりも、現金の方が、レートが良くなりお得です。

まず、住信SBIネット銀行で口座を開設しましょう。住信SBIネット銀行は、ほとんどの振り込み手数料が無料になります。

こちらでは、自分で買いたい金額から指定することもできますが、ワンクリックでできるのは、5000XRP、または5000円から購入することができます。住信SBIネット銀行内に口座を開設したら、こちらに購入したいリップルの額よりも多めに「円」で入金し、自分で利用したい時にリップルに換金すれば、振込手数料もかかりませんので、お得で便利です。

日本国内で、海外にいる家族に送金をする際リップルを利用するなら、住信SBIネット銀行のリップルを利用して送金すれば、手数料も節約することができます。

最低額の5000円では20182月現在、およそ37XRPを購入することができます。こちらをクレジット決済にすると、33XRPになります。

わずか4XRPでも、日本円にすると、およそ540円になります。

仮想通貨の怖いところは、このわずか540円の違いが、数カ月、半年で600円、700円になります。

事実、リップルは、2017年に話題になったころは、まだ1XRP100円でした。現在は、1XRPがおよそ135円です。5000円で50XRP購入できた人は、本当に先見の明があったということですね。

XRPをしっかり管理『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?


初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ取引所一覧

ビットバンク(bitbank)
ビットバンクは金融庁の登録事業者にあたります。 また、リップルの取り扱いもしています。 口座開設におおよそ1週間程度見ていれば開設できるのもメリットです。
↓公式サイト↓


QUOINEX(コインエクスエクスチェンジ)
コインエクスチェンジでもリップルの取り扱いが始まりました。
デメリットは口座開設までに時間がかかること。(約3週間)
しかし、セキュリティー面を考えていくと日本の取引所の中でも高水準です。
分散投資を考え、開設をお勧めします。
↓公式サイト↓
 
コインチェック(coincheck)
仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック
がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin コインチェック