金融エリート集う【アメリカ】でも話題沸騰!リップルの今後大予測

ブリッジ通貨の本領発揮?アメリカーメキシコ間送金にリップルが!

 国際送金で最速4秒のスピードを誇り、国際送金の決済システムとしての地位を確固としたリップル社の仮想通貨トークンXRP。そのXRPに関してのビッグニュースが届きました。2017年11月に行われた韓国におけるリップルのミートアップで、リップル社は2018年初旬までにアメリカとメキシコの間での国際送金を目指していることを発表しました。

未だ開発についての詳しい状況や進捗についての発表はなく、情報は少ないですが、今後もリップル関連の話題がアメリカ国内で持ちきりになることが考えられます。また、リップルが目指す国際送金システムの構築がさらに進むことが予測でき、リップルへの投資価値が上がることも予想されます。

アメリカの金融エリートも投資するリップル

 アメリカ、メキシコ間の送金だけにとどまらず、アメリカ国内でのリップルの利用や投資が進んでいます。一番有名な話が、2014年のグーグルによる投資ですが、最近でもアメリカのメガキャリアによる活発な投資が行われています。

→ リップル関連XRP【 銘柄】を株式市場から探す!

→ リップル(xrp)と【Amazon】の提携発表は本当にあるのか?アマゾンゴーの展開

 アメリカ決済サービス大手のマネーグラム社やクレジットカード大手のアメリカンエキスプレスとの業務提携など、大手金融機関との業務提携が大きな話題となっています。

→ リップルが【アメックス】と提携??今後の株価は?

 

アメリカの金融エリートがリップルを選ぶ理由

 このようにアメリカのエリート企業が続々とリップルとの提携を行っていますが、数ある仮想通貨の中でなぜリップルを選ぶのでしょうか。もともと金融エリートたちは瞬く間に発展する国際取引をよりスムーズに、オンタイムにできる決済システムを求めていました。以前まで活用していたシステムだと最大で2週間送金にかかってしまうとのこと・・・。これでは迅速さが求められる国際取引に対応できません。そこでリップルの登場です!リップル社が提供するソリューションにより、国際送金は約4秒で完結します。今後も経済のグローバル化が進展することが予測されるため、リップル導入のニュースが続々と届くことが期待されます。

リップル公式HPより

https://ripple.com/jp/

 また、リップルはこれまでの仮想通貨とは一味違います。XRPはリップル社によって発行が管理されているため、価値の変動もある程度は予測されます。また、金融機関などは以前からリップル社のソリューションを利用しており、信頼性も大きな要因になっています。

 

アメリカでの話題沸騰とリップルの今後への影響

 リップルの導入がアメリカの各企業で進んでいますが、今までは仮想通貨XRPではなく、送金システムである「xCurrent」やリップルネットワークへの加盟が主な事例で、XRP市場そのものには話題性に比してあまり影響が出ませんでした。しかし、最近の導入事例では、XRPと同様のシステム上に存在するxRapidの導入が進み、XRPそのものの価値も上がり始めています。

xRapidとは→ https://ripple.com/jp/solutions/source-liquidity/

 昨年の2月には1XRPが0.7円ほどだったものが2018年2月現在では110円ほどになっています。

 

アメリカでの話題の流れをつかみリップル投資を成功させよう!

   

この流れに乗ってリップルの投資を始めたいと思われた方も多いのではないでしょうか。仮想通貨への投資は情報収集とリスク分散が重要です。リップル社も所在地はアメリカにあり、ほとんどのニュースが海外のニュースサイトから流れてきます。しかし、ほとんどのサイトが英語版しかなく、文意をうまく捉えられなかったり、面倒臭く思えてしまうかもしれませんが、日本でも様々なニュースが発信されていますので、1日に何回かチェックしていると他の通貨の動きも把握でき、多角的な視野で投資を行えます。

また、コインチェック社のNEM流失も記憶に新しいかと思います。仮想通貨の信頼性は本来高いものですが、取引所の管理体制の不備をつく犯罪も十分に起こりうるので、複数の取引所に登録したり、ウォレットと呼ばれるものを活用してみてはいかがでしょうか。

→ リップル(XRP)保管に【無料/安全】ペーパーウォレットの作り方と『Ledger Nano S』

 

まとめ:リップルの人気沸騰は今後も続くのか?

 いかがでしたでしょうか。ビットコインに変わる存在のリップルなどアルトコインの話題は日に日に大きくなってきています。また、国際取引の利便性を求める動きが止まない限り、リップルの活躍の場所は広がり続けることが予測されるため、今後しばらくはリップル人気が続くと思われます。

 しかし、仮想通貨への投資もやはりリスクが伴います。大幅な値崩れや取引所からの流出、サイバー攻撃などで大切な資産が減少することも十分考えられます。

 リスクをしっかりと理解し、どのタイミングでどの銘柄の仮想通貨を購入するか、しっかりとご自身の判断で投資を進められることが一番求められています。リスクとメリットをよく理解し、仮想通貨を楽しめるようにしましょう!