リップル(XRP)保管に【無料/安全】ペーパーウォレットの作り方と『Ledger Nano S』

リップル(XRP)保管にまさか取引所にそのまま置いているなんて人いますか?今回はペーパーウォレットと『Ledger Nano S』について取り上げていきたいと思います。

まずは、Coincheckなどの取引所の『ウォレット』に入れているから安心と思っている方。

そのままで大丈夫でしょうか。

 

Coincheckなどの『ウォレット』の危険性

2017年12月に起きた日本取引所『Zaif』でのたて続けに起きているウォレット『不正出金』このサイトでも『Zaif』を紹介していきたいと思っていましたが、改善が見られず、2018年1月にもウォレットからの『不正出金』が起きましたので、ご紹介は差し控えております。

一方で『Coincheck』のウォレットでも、『不正出金』があったとの報告がありましたが、実際には、2段階認証が行われていなかったという理由から、ユーザー側に落ち度のある内容でした。

 

*追記その後『Coincheck』でも不正出金で、ネム(XEM)が引き出される事件が起きてしまいました。

しかし、『Coincheck』としては、返金対応を予定ということでした。

このようなことからも、いつまでも、取引所のウォレットに置いておくことが危険ということがわかってきました。できる限り早めにペーパーウォレットなどに移して起きましょう。

 

まずは今すぐできる取引所での対策としては、2段階認証は必ずしておきましょう。

そして、今後も日本の取引所を狙った犯罪が多くある危険性があるので、早めに対処をしていく必要があります。

 

自分の財産は自分で守る必要があります。

 



リップル(XRP)を守る方法

先に話したように、取引所で購入したら、そのままというのは危険です。今後はそのリスクは大きくなってしまいます。

仮に取引所が倒産や閉鎖になった場合には、その取引所にあるあなたのリップル(XRP)は取り出せないだけではなく、投資していたもの全てを失うことになります。

そうならない為にも、資産(XRP)を別の場所に移動する必要があります。

 

今回はその中でも2つの方法をご紹介していきます。

  • 『Ledger Nano S』
  • 『ペーパーウォレット』

この2つです。

 

『Ledger Nano S』は公式サイトで購入が安全

『Ledger Nano S』は公式サイトで購入が安全

『Ledger Nano S』はAmazonでも購入することができます。しかし、絶対におすすめしません。

理由としては、偽物も流通していて、資産を丸ごと盗まれてしまう可能性があるからです。なので、『Ledger Nano S』を購入する場合には『Ledger Nano S』公式サイトからの購入をおすすめします。

『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


ちなみに、公式サイトで購入する場合には、

  • ビット
  • クレジットカード(VISA/マスターカード)
  • PayPal

になり、クレジットかPayPalの場合には、ユーロでの支払いになります。

金額は79ユーロでした。

この記事を書いていた時点で、受け取りまでの時間は3ヶ月程度先ということでした。

 

 

その間も心配!または、無料でできる方法はないのかな?と思い調べた結果。ペーパーウォレットという無料でできる方法を知りました。

 

なので、今回は、無料で簡単に自分の手元にリップル(XRP)を保存できる方法をお伝えします。

*実際には保存ではなく、取引所からネット上に資産を移すシリアル番号を手元に残す方法ですが、初心者の方でもわかりやすいように上記のような表現にあえてしております。

『ペーパーウォレット』が優れている点

  • 何個でも無料で作れる
  • ボタン1つで作成可能
  • いくつも作れるので、分散して資産を守れる
  • 中・長期用として優れている

 

簡単・無料『ペーパーウォレット』の作り方

それでは早速ペーパーウォレットの作り方について説明していきます。

1,ペーパーウォレットのアドレスとシークレットキーを作る

まずは、ペーパーウォレットジェネレーターに入りましょう。

簡単・無料『ペーパーウォレット』の作り方

このような画面になります。

ここに書いてあるシークレットキーとアドレスを保管しておくことで、あなたのリップル(XRP)は守られます。

逆に、このアドレスへのシークレットキーがわからなくなった場合、引き出せなくなるので注意が必要です。

保管方法も考えていきしょう。(この記事の最後の方に記載します)

2,作成したアドレス宛に送金する

ここでは、コインチェックに登録している人が多いと思いますので、コインチェックからペーパーウォレットへ送金方法を解説していきます。

作成したアドレス宛に送金する

パソコンの場合

1、コインを送るをクリック

2、リップルを送るをクリック

 

スマホの場合

作成したアドレス宛に送金する

1、BTC以外の送金はこちらをタップ

2、Rippleを送るをタップ

作成したアドレス宛に送金する

 

このように進めます。

あとは共通作業なので、パソコンの画面で解説していきます。

 

3,送金先リストの編集

送金先リストの編集

1、送金リストの編集ボタンを押して、新規ラベルを作ります。新規ラベルには、適当でわかりやすい名前で良いです。

例えば、XRP-ccとかそのようなもので良いです。

 

2、新規宛先を入れます。新規宛先には、ペーパーウォレットジェネレーターで作成した『r』から始まるアドレスを入れます。緑色のボタン『追加』を押します。

3、宛先に先ほどの『r』から始まるアドレスが含まれていルものを選択します。

 

4、送金したいXRPの額を入れます。手数料で0.15XRPかかるので、その分を引いたXRPまで送ることが可能です。

この作業が初めてならば、最初は20XRPのみ送ることをおすすめします。

5、最後に『送金する』の緑色のボタンを押して完了です。

*注意点としては、アドレスが間違っていて、送金してしまうと全てダメになってしまいますので一度に全額を送るとリスクがあります。

最初は20XPRを送ることをおすすめしている理由としては、後ほど記載させていただきます。

 

 

4,Rippleアカウントエクスプローラーの有効化

 

Rippleアカウントエクスプローラー とはXRPをオフライン上に置くための場所です。

つまりここがあなたのウォレットになります。登録も費用も不要です。また、アドレスを持てばいくつでもあなたのウォレットを持つことも可能です。

 

まずはRippleアカウントエクスプローラー をクリックしてください。

この段階では、ウォレットは有効化されていません。使用できるようにするには、20XRP以上送金されていることが条件になります。

なので、1回目の試験送金には、20XPで試すことをおすすめしています。

Rippleアカウントエクスプローラーの有効化

1、『r』から始まるアドレスを入力します。

2、『Go』をクリックする

 

送金が完了して入れば、しばらくすると反映されています。

下の画像は最下部に現れます。

『残高』で20XRP確認することができました。

Rippleアカウントエクスプローラーの有効化

 

以上、XRPをコインチェックなどの取引所からコールドウォレットに移す方法についてお伝えしました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、リップル(XRP)保管に【無料/安全】ペーパーウォレットの作り方と『Ledger Nano S』について解説をさせていただきました。

コインチェックのXEMの流出事件があり、国内での仮想通貨の認知度は悪い方向で広がりました。しかし、XRPや一部、仮想通貨においては、価値が下がったのではなく、価格が低下しているものもあります。そして、仮想通貨の相場が激しく上下するものだということを忘れずに取引をしていきたい、自己管理をしていきたいですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。