リップル関連XRP【 銘柄】を株式市場から探す!

この記事にたどり着いたあなたは、仮想通貨XRPに投資している人いると思いますが、仮想通貨界隈ではなくて、株式市場への投資も考えてみるのも悪くないかと思います。

逆に、株式投資から仮想通貨への投資をしている方もいらっしゃると思います。

 

今回は、リップル関連XRP【 銘柄】を株式市場から探す!ということで調べてみました。

 

XRP関連銘柄-(8473)SBIホールディングス

 

SBIホールディングスはRipple社とSBIホールディングスのジョイントベンチャーとして『SBI Ripple Asia株式会社』として活動しています。SBIクループが主要株主60%となっています。

業務内容としては・・・

分散台帳技術(DLT:Distributed Ledger Technology)を活用した次世代決済基盤の提供をアジア地域の金融機関・送金事業者へ行っております。

引用:SBIホールディングス公式サイト

 

2016年10月には国内の金融機関が参加する「内外為替一元化コンソーシアム」を発足しました(参加金融機関:61行、2017年7月現在)。この「内外為替一元化コンソーシアム」では、Ripple社が開発したプラットフォーム「Ripple Solution」を活用して、外国為替に加えて内国為替も一元的に行う日本発・世界初の決済プラットフォーム「RCクラウド」を構築し、実用化に向けて動いています。このシステムが実用化されることで、銀行の垣根を越えて決済や送金が効率的に行われることが期待されます。

引用:SBIホールディングス公式サイト

実証から商用化に移りつつあるブロックチェーン関連技術の潮流が加速されると共に、日本発の試みが世界展開に繋がることを目指して、SBI Ripple Asiaは活動しています

引用:SBIホールディングス公式サイト

 

日韓国際送金テスト関連記事

→ リップルが【上がる理由】を2017年から来年に向けて【材料】を考える

 

マネーグラム(MGI)ナスダック上場会社

マネーグラム(MGI)株価→(ヤフーファイナンス

出典:ツイッター

マネーグラムはRipple社と提携を発表しました。国内では先ほどご紹介したSBIホールディングスが提携しています。

マネーグラムは送金事業者であり、その規模は世界で2番目という大きさです。NASDAQに上場しています。

 

Googleナスダック上場会社

Google(GOOG)株価→ ヤフーファイナンス

Googleはリップルに出資という発表から、リップルは知名度が上がりました。そんなGoogleもNASDAQに上場しています。

 

アースポート(EPO)ロンドン取引所に上場

アースポート(EPO)ロンドン取引所に上場

(画像引用:coindesk.com)

アースポート社はリップル社の中でも古くからのパートナーです。2014年12月に提携を結んで依頼パートナーシップを取っています。上の図でもあるように、アースポート社のリアルタイム送金ネットワークの方法としてリップル社の技術やネットワークが含まれていくと思われます。

コモンウェルス銀行(CBA)オーストラリア上場

コモンウェルス銀行(CBA)はオーストラリアに上場している企業です。

コモンウェルス銀行の子会社間で送金にリップルの技術が利用される予定ということが明かされている。2015年5月

 

ロイヤルバンク・オブ・カナダ(RY)ニューヨーク上場

ロイヤルバンク・オブ・カナダ(RY)はニューヨーク証券に上場している企業です。

2017年3月には、グローバルペイメント・ステアリング・グループ(GPSG)を構成する6つの銀行の1つがロイヤルバンク・オブ・カナダがリップルであることが公表されました。

 

リップル関連XRP【 銘柄】を株式市場から探す!まとめ

 

いかがだったでしょうか。今回は、リップル関連XRP【 銘柄】を株式市場から探す!について調べてみました。この他にもたくさんの企業がリップルとのパートナーになってきています。

今後も面白い展開になると思っています。

 

人気記事

→ リップル(XRP)ウォレットのおすすめの【仮想通貨】保管方法とは?

→ リップル(XRP)は【2020年】いくらまで上がるのか?みんなの予想

→ マイルの貯め方!ハワイに飛行機【無料】で行く方法を公開