リップルに関する【ウェブボット】による2018年の予測

ウェブボットAI仮想通貨予想)は、マイクロソフトの元コンサルタントを務めた、クリフ・ハイさんが開発したツールです。

ウェブボッドは、ただのコンピューター予測ではなく、SNSなどのユーザー発言などの情報を収集して、人間の実際に発する言語、そこでディスカッションされた言語と、感情を読み込んで、そういったものをデータ化し、株価の値動き、価格予測をするプログラムです。

ウェブボッドでは、キーワードをアルゴリズムで測定処理し、感情価を数値化、その増減を明らかにします。

以前は、YouTubeでウェブボッドの内容をアップしていましたが、現在はクローズド状態の有料の情報となっていて、一部の開示してある情報しか見ることはできません。

ウェブボッドを見る場合は、有料サイトで99ドルとなります。

 

ウェブボットによる仮想通貨

ウェブボットは、皆さんがSNSに書き込む言葉を読み取って、価格予測をしますので、私たちが「ビットコインは、値下がりする」とマイナス志向の言葉を書き込めば、予測での価格が下がりますし、逆に「リップルは期待のできる仮想通貨」と書き込めば、リップルの価格が上がる、ということです。

口コミが一つ書かれたくらいでは、大丈夫と思っていても、今は情報が拡散してしまう時代です。そんな情報もしっかりとデータに入れてしまいますので、フェイク情報は要注意です。

本来は、株式の相場の予測を目的に開発されたウェブボッドでは、仮想通貨の予測も行っています。ビットコイン、リップル、イーサリアム、ライトコインなど、代表的な仮想通貨の予測も行っています。

11月に公表されたウェブボッドでは、ビットコイン、リップル、イーサリアムと共に、全て上昇すると予測されています。

さらに、ウェブボッドの予想では、仮想通貨を利用する仮想通貨人口と呼ばれる人々が、現在の10倍になるであろうという予測もあります。

 

ウェブボットによるリップルの2018

 

ウェブボッドでは、2018年、リップルは他の仮想通貨の動きと共に、冬から春にかけて、緩やかに上昇していくだろうと、予測しています。

ウェブボッドの予測では、リップルだけでなく、ビットコイン、イーサリアムも春先にかけて上昇するという予測ですので、仮想通貨全体の上昇が見られるということですね。

そして、5月頃になると、急激に高騰する、大きく動く可能性があるという予測です。ウェブボッドの情報から、リップルが、仮想通貨の中では、一番高騰するのでは、と読んでいる人もいるようです。

その要因として挙げられているのが、既存の金融システムの崩壊があげられています。そのため、リップルを中心とした金融システムが、確率されていくであろう、予測されています。

それに伴って、仮想通貨は全体に緩やかな高騰傾向になり、リップルの価格も上がるであろう、という予測になっています。

しかし、これはあくまでもウェブボッド予測で、絶対ではないということを、心にとめおいて下さい。

→ リップル(XRP)は【2020年】いくらまで上がるのか?みんなの予想

 

ウェブボットは人工知能ではない

 

ウェブボッドは、世界中の人の書き込み、口コミ、会話を元に、そのキーワードをデータにして、解析したものです。

人工知能による予測とはウェブボッドは異なります。人工知能のように、過去の天気を元に、長期予報をしたり、過去の自然災害などを解析して、地震や竜巻の予測をするのとは異なります。

経済の動向の中には、こういった自然災害や現象も大きく関わることもあります。中には、世界情勢が相場を動かすこともあります。2016年ころから、日本でよく言われている、オリンピック景気なども、その一つです。

ウェブボッドには、こういった言葉も入れて予測されているはずですが、それでも自然災害までは読めないのが現状です。

そのため、ウェブボッドが公表しているのは、あくまでも予測です。2018年には、仮想通貨がこう上がりますといっても、予測が外れることもあります。

例えば、2018年の2月現在、世間を騒がせている、仮想通貨を巡る事件のようなものがまた発生すれば、5月に高騰します、という予測は違ったものになります。

ウェブボッドの予測と共に、リアルタイムな正しいニュースの情報にも、常に目を向けておきましょう。