スポンサーリンク

 

紅茶の【種類】によってカフェイン量は違う?

(出典:Photo AC)

様々な種類の中の紅茶にはカフェインが含まれています。 妊娠中や授乳中、また寝る前には摂取をおすすめされていません。 一体紅茶のカフェインとはどのぐらい入っているのでしょうか。 そこで、たくさん種類のある紅茶のカフェインについてご紹介いたします。

 

 

 

【紅茶のカフェイン量】

 

 

紅茶のカフェインの量は種類によって違います。 たくさんの種類がありますが、そこまで大きくカフェインの量に違いがあるわけではありません。 その中で新芽の種類の紅茶はカフェインが多く、オレンジペコなどはカフェインが多めと言われています。 他の種類にも茶葉を摘んでいる時期がバラバラな種類もあるので、気になる方は確認して購入してくださいね。

 

また、ペットボトルの紅茶もカフェインを含んでいます。

 

  • 「サントリーリプトン」シリーズはカフェイン50mg、
  • 「キリン午後の紅茶」シリーズはミルクティーが80mgでカフェイン量が少なめです。
  • 伊藤園の「Tea Manhattan ミルクティー」はカフェインが多めで170mg入っています。

 

ペットボトルも種類によってカフェイン量が違うので、しっかりとチェックしておきたいところですね。

 

【カフェインを減らす飲み方】

 

スポンサーリンク




では、同じ紅茶でもカフェインを少しでも減らして飲む方法をご紹介いたします。 紅茶は熱湯で蒸らすとよりカフェインがより多く出てきます。 熱湯の方が、香りが良いのですがそれよりカフェイン量を気にされたい方は水出しで飲まれることをおすすめします。

 

茶葉を水で8時間ほど寝かせて作られた紅茶です。 やはり香りは少し落ちますが、カフェインの量を減らすことができます。

 

【カフェインが起こす作用】

 

カフェインには様々な作用があります。 寝る前にカフェインを取ることはおすすめしないとありますが、それはカフェインには目を覚ます作用があるからです。

 

朝の眠気覚ましに飲むにはいいですが、夕食のあとなどには飲まないようにしましょう。 寝る3~5時間前には紅茶を飲むのは止めておきましょう。 どうしても飲みたい時は、カフェインの少ない種類や、ハーブティーを選ぶことをおすすめします。

 

また空腹時に紅茶を飲むと、カフェインが胃を荒らすことがあります。 胃酸の分泌を促す効果から起こるようです。

 

まとめ

紅茶の【種類】によってカフェイン量は違う?まとめ

(出典:Photo AC)

いかがだったでしょうか。

今回は、紅茶の【種類】によってカフェイン量は違う?についてでした。

紅茶を楽しむには飲むタイミングも気を付けておきたいですね。  紅茶には種類によってカフェインの量などが違ってきますので、自身の体調や状況などによって飲み分けるといいですね。 飲み過ぎてカフェイン中毒にならないように、飲み過ぎないように楽しみたいですね。