スポンサーリンク

【ティーパック】での紅茶の正しい入れ方

出典:ぱくたそ

 

ティーパック紅茶の量販品は安くて手軽なので紅茶が好きな人以外にも、来客用などに重宝されますよね。コーヒーが苦手な人が来た時なんかあると助かります。

用意するものといえばカップとお湯ぐらいのもので入れ方も単純。誰でもどこでも入れられます。ところでティーパックの正しい入れ方を知っていますか。簡単すぎて入れ方の説明を詳しく見る人は少ないのではないでしょうか。

そこでティーパックで有名な誰もが知っている日東紅茶とリプトンがHP上で推奨しているティーパックの入れ方を紹介します。

 

日東紅茶とリプトンのティーパックの入れ方に違いはあるの?

 

スポンサーリンク




日東紅茶とリプトンでは製造工程や茶葉の品種などもそれぞれ違うので、入れ方にもオリジナリティーがあるのではと予想していたのですが、結果的に入れ方の工程はほとんど同じでした。

意外でしたがティーパックの第一人者といえる両社とも同じ入れ方ですから間違いのない入れ方なのでしょう。

 

ティーパック紅茶の入れ方のポイント

ティーパック紅茶の入れ方のポイント

出典:ぱくたそ

入れる前にカップを温める。

おいしい紅茶を抽出するには高温を保つのがカギになります。お湯の温度を下げないために紅茶を入れる前にカップにお湯を注ぎカップを温めることを忘れずに行いましょう。

先にお湯を入れる。

ティーパックを入れる前に先にお湯を入れるって知っていましたか。ティーパックを入   れてからお湯を注ぐ人も多いですが正しい入れ方は先にお湯を入れます。

蓋をして蒸らす

お湯を注いだ後ティーパックを振ったり、スプーンなどで押してしまうせっかちな方もいますが、受け皿などで蓋をして蒸らすとじっくり紅茶の成分を引き出すことができ味や香りがより引き立つようです。

蒸らす時間は日東紅茶ではパッケージに記載されている時間、リプトンでは1分から1分半となっています。

最後に軽くティーパックを振って取り出す

蒸らしが終わったら軽くティーパックを振って取り出しましょう。強く振ったり、スプーンで押したりするのは厳禁です。余計な渋みまで抽出されてはせっかくの紅茶の風味が台無しになってしまいます。

 

以上が日東紅茶とリプトンが推奨する正しいティーパック紅茶の入れ方のポイントになります。

まとめ

【ティーパック】での紅茶の正しい入れ方

出典:ぱくたそ

いかがだったでしょうか。

今回は、【ティーパック】での紅茶の正しい入れ方について解説していきました。

皆さんは正しい入れ方をしていましたか。このポイントさえ押さえておけばティーパックの紅茶もおいしくいただくことができます。ぜひ、推奨の入れ方をマスターして、自宅でも今まで以上においしい紅茶を楽しんで頂きたいとおもいます。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。