スポンサーリンク

紅茶の【効能】寝る前に飲んでもいいの?

子どものころ、寝る前に紅茶やコーヒーを飲むと眠れなくなる、と大人に言われたことはありませんか?

それなら、と緑茶を飲んでみたり、ココアにしてみたり。それでも眠れない原因は、そのすべてに入っている「カフェイン」です。

 

「カメリア・シネンシス」と紅茶

 

本来、緑茶、紅茶、烏龍茶は同じ「カメリア・シネンシス」という植物から作られています。

 

緑茶と紅茶、烏龍茶の違いは「発酵」の違いで、

  • 発酵する前に蒸すのが緑茶
  • 生の茶葉を発酵しますが、発酵の長さで短いのが烏龍茶
  • 一定期間発酵したのが紅茶

と同じ茶葉からも、違う飲料ができるとうことになります。

 

なので、紅茶も含めお茶のすべてにカフェインは含まれています。

 

世界中で90%の人が楽しむ紅茶

 

世界では、お茶の中でも90%の人が紅茶を飲んでいます。

欧米、アジアと多くの人たちに昔から慣れ親しまれています。では、眠れない紅茶を、なぜ世界中の人が好んで飲むのでしょうか。

 

紅茶が好まれる訳は効能

それは、紅茶に含まれる「カフェイン」が「覚醒作用、利尿作用、強心作用」という効能を持っているからです。強心作用では心臓衰弱や喘息の治療薬と同じ効能を持っています。そのため、寝る前に飲むよりも、朝起きたときにすっきり目覚めるために飲む、という人の方が多いでしょう。

 

寝る前にNGな「テオプロミン」とは

 

そのため、夜はホットココアにしている、という人を聞きますが、ココアを飲んでも眠れない人もいます。それは、カカオの中にはカフェインと同じ効能を持つ「テオプロミン」というものを含むからです。ココアにはカフェインが含まれてないから大丈夫というのは間違いになります。

 

寝る前に覚醒作用をおさえる為の知識

紅茶はダメなのに、ココアは大丈夫という人は、そういった効能とは関係なく、「病は気から」という言葉もあるように、思いこみで眠れたり眠れなかったりする人。カフェインの作用に影響されない人なのかもしれません。

 

さらに、カップ1杯のコーヒー、紅茶、ココアに含まれるカフェイン、またはテオプロミンの量を比較すると・・・

  • コーヒーや紅茶が30mg~100mg
  • ココアは75mg~150mg

 

 

になります。薄めの紅茶を飲む人と濃厚なココアを飲む人では、紅茶はココアの1/5のカフェインとなり、「覚醒作用」という効能もココアよりも少ないのです。

 

 

紅茶とカカオと効能

スポンサーリンク




最近、健康のために高カカオチョコレートを食べる人が増えていますが、高カカオは水分で薄くなるココアと違い、50g食べただけで紅茶の5倍から10倍のカフェインを取ることになります。

 

寝る前に、紅茶やコーヒーをやめて、ホットココアに、高カカオチョコレートを一かけら。と思って、口に入れてしまったら、頭がすっきりし眠気が吹き飛んでしまいます。

 

逆に眠気さましに良いという事ですね。

 

 

眠りとカフェインの関係

 

300mg以上のカフェインをとると、深い眠りに入るまで1時間かかるといわれています。濃厚なココアとチョコレートでは充分に300mgを超えているのです。

 

そういったことからも、寝る前に温かいものを飲みたい、ということであれば温かい紅茶、中でも体を温める効能が高い、生姜をすり下ろして入れた生姜紅茶などは、神経が高ぶっている状態でもなければ、飲んでも大丈夫だと考えられます。

 

仮眠に紅茶を飲むと覚醒効果がある

 

また、仕事や試験などで睡眠不足が続くときに、昼間ちょっと仮眠したくなりませんか?

 

特に1時間後運転しなければならない、睡眠不足で事故を起こしたら困る、という時。こんな時は、仮眠の前に、紅茶やコーヒーを飲むといいのだそうです。

 

この場合はすでに眠気をがまんできない状態ですので、寝る前に少量のカフェインをとっても眠気が吹き飛ぶことはありません。むしろ、カフェインを取って仮眠することで、カフェインの効能「覚醒効果」が働き、起きた後に頭がすっきりし、眠気が残ることが少なくなります。

 

紅茶のデカフェ

 

そのため、仮眠をする前に紅茶を飲むことを専門家の方も勧めています。 それでもどうしても気になるという人には、デカフェ、つまりカフェイン0の紅茶も市販されています。こういったものを飲まれると良いでしょう。