スポンサーリンク

【紅茶】はカフェインが少ない?その影響と効果

カフェインと聞いてあなたはどのようなイメージを持たれますか?

妊娠中であったりすれば、カフェインは少ない方が良いと思うし、受験中などどうしてもがんばらないとならない時にはカフェインが効く!と思う事もあるかもしれません。

今回はカフェインの影響と効果について深掘りしていきます。

 

 

カフェインが与える悪影響

 

紅茶をよく飲む人はその独特な香りや味を愛している場合が多いかと思います。

それに加えて、紅茶はとても健康に良い飲み物で、体への影響も考えて紅茶を選んでいる人も少なくありません。  ですが、どんな物にも良い面と悪い面が存在しますよね。

 

紅茶に含まれるカフェインには、集中力を高めてくれたりダイエットにも効果的であったりと良い点がある反面、高い依存性に取り憑かれてしまったり不眠症の原因になったりと摂り過ぎに注意が必要な成分でもあります。

 

妊娠中でのカフェイン

 

スポンサーリンク




特に、妊娠中の女性はカフェインを気にする方も多いと思います。 妊娠中の体にはカフェインがより効率良く働き効果時間が2倍近く伸びると言われています。

なので、少し眠気を飛ばそうとして飲んだ紅茶1杯でいつまでも寝付けなくなるなど問題が起きやすいです。

母体だけでなく、胎児にもその影響は及ぼされると考えられていて、場合によっては流産の危険もあるようです。

 

ですが、紅茶好きな方なら、摂り過ぎにさえ注意すればやはり紅茶は体に良い物です。 なので、今回は紅茶のカフェイン量やカフェインの入っていない紅茶について話そうと思います。

 

紅茶のカフェインは少ない?

 

そもそも紅茶に含まれるカフェインの量、他の飲み物に比べても少ないんです。  例えば、お昼の1杯は紅茶じゃなくてコーヒー派だという人もいると思います。コーヒーってカフェイン多そうなイメージがありますよね。

その通りで、カップ1杯辺りのコーヒーに対してカフェインは約150mg含まれていますが、紅茶は1杯辺り約30mgと、実に5分の1と非常に少ないんです。

 

1日に250mgのカフェインを摂取すると体へ明確な悪影響が出ると言われていますので、紅茶だったら1日8杯も飲める計算になります。

1日紅茶を8杯も飲む人は、少ないと思います。  なので、普通に飲んでいれば紅茶のカフェインを気にする必要はありません。

 

妊娠中の方でも1日1杯程度の紅茶は体に良い効果をもたらしてくれると思います。

 

ノンカフェイン紅茶

 

さて、いくら紅茶のカフェインが少ないと言っても、あくまで数値としての目安の話です。 妊娠中の方は大切な我が子、少ない危険でも取り除きたいですよね。

 

妊婦の方以外も、少量のカフェインが効きすぎて寝不足、仕事に悪影響が。なんてことになりたくないですよね。  そんな方にはノンカフェインの紅茶をオススメします。

【紅茶】に含まれるカフェインは茶葉の種類によって違う?

眠れない …【カフェイン】にさようなら!おすすめ紅茶アレンジ術

 

ノンカフェイン紅茶は、特殊な工程を経て紅茶の中からカフェインの成分だけを取り除いたものです。  カフェインによって生み出されている渋み等は減ってしまいますが、それ以外に味の変化などもありません。

 

なので、紅茶の味と香りをしっかり楽しみながら、カフェインの摂取を0にすることが出来ます。  このノンカフェイン紅茶が現在は高い人気を誇っていて、近所のスーパーなどでも気軽に購入することが出来るようになりました。

まとめ

カフェインと聞いてあなたはどのようなイメージを持たれますか? 妊娠中であったりすれば、カフェインは少ない方が良いと思うし、受験中などどうしてもがんばらないとならない時にはカフェインが効く!と思う事もあるかもしれません。 今回はカフェインの影響と効果について深掘りしていきます。

いかがだったでしょうか。

今回は、【紅茶】はカフェインが少ない?その影響と効果についてお話をしてきました。

あなたの状況によっても変化する飲料。

そのなかでも、バランスはとても大事です。

偏らないで適度に摂取すれば、紅茶でもその他の飲料でもストレスを貯めないで飲めますよね。

また、ノンカフェインではないですが、通常の紅茶よりもカフェインの少ない「デカフェ紅茶 」などもありますので、状況や体のことを考えながら自分にあった紅茶を楽しんでください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。