スポンサーリンク

【セイロンティー】の種類は紅茶の中でも◯◯だ!

 

(出典:Photo AC)

セイロンティーという種類の紅茶を聞いたことはありますか。 聞いたことがあっても何の事か分からない方や、そもそも初めて聞いた方もいるかと思います。 今回は紅茶の種類セイロンティーについて詳しくご紹介いたします。

 

【セイロンティーとは】

 

そもそもセイロンティーとは、一言でいうとスリランカで採れる紅茶の種類です。 スリランカは昔「セイロン国」と呼ばれており、その名残でセイロンティーと呼ばれるようになったようです。 有名な紅茶の種類もあり、日本に輸入される紅茶の半分以上がセイロンティーのようですよ。 がんの抑制、風邪の防止、虫歯予防、目の疲れ、ダイエット効果など様々な効果が期待できるそうです。 では、どのような種類がセイロンティーなのかご紹介いたします。

 

【セイロンティーの種類】

 

スポンサーリンク




セイロンティーの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく掘り下げていきましょう。

 

・ウバ

セイロンティーの種類ですが、一番良く知られている紅茶の種類はウバですね。 ウバは世界三大紅茶の一つで有名な紅茶の種類で、スリランカ南東部のウバの高地で採れる茶葉です。 香りはメンソール系でとても特徴的でミルクティーで飲まれるのがおすすめです。

・ヌワラエリア

ヌワラエリアという場所で、標高1800~2000メートルで生産されている種類の茶葉です。 セイロンティーの紅茶の種類の中では高級品にランクされています。 高級品と言われるととても気になりますね。 特に1月、2月で生産される種類が高級とされています。 特長は渋みのある味で風味が豊かです。

・ディンブラ

標高1200~1600メートルの標高で生産されている紅茶の種類です。 セイロンティーの中でも最も恵まれた土壌と気候で育つ種類とのことですよ。 1~3月が収穫するのに旬の時期だそうですよ。 花の香りがしっかりとついており、渋みが特徴的な紅茶の種類です。 香りや味、色がとてもバランスが良く、上品で飲みやすい紅茶なのでファンの方も多いですね。

・キャンディ

標高が600~1200メートルで採れる茶葉の種類です。 キャンディ地方は、昔はスリランカの首都だったようです。 宮殿が観光で見られるようですよ。 味わいは渋みやクセがなくとても飲みやすい紅茶の種類です。

万能な紅茶なので、どのような飲み方でもおいしく頂けるそうですが、お供のお菓子はバター系のお菓子がとても相性がいいそうです。

 

まとめ

【セイロンティー】の種類は紅茶の中でも◯◯だ!

(出典:Photo AC)

いかがでしたか。

今回は【セイロンティー】の種類は紅茶の中でも◯◯だ!についてまとめていきました。

他にも様々なセイロンティーの紅茶の種類があります。 標高の高さや乾季雨季などで味や香りが違ってきます。 スリランカという国にはおいしい紅茶がたくさん採れるようなので、色々飲み比べてみても面白そうですね。

その他の関連記事もお楽しみください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。