XRPをしっかり管理『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?


初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ取引所一覧

ビットバンク(bitbank)
ビットバンクは金融庁の登録事業者にあたります。 また、リップルの取り扱いもしています。 口座開設におおよそ1週間程度見ていれば開設できるのもメリットです。
↓公式サイト↓


QUOINEX(コインエクスエクスチェンジ)
コインエクスチェンジでもリップルの取り扱いが始まりました。
デメリットは口座開設までに時間がかかること。(約3週間)
しかし、セキュリティー面を考えていくと日本の取引所の中でも高水準です。
分散投資を考え、開設をお勧めします。
↓公式サイト↓
 
コインチェック(coincheck)
仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック
がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin コインチェック

日本のメガバンクも導入間近!?【三菱UFJFG】と発展するリップルの今後

 

MUFGがリップルを導入!?日本にもきた金融のリップル化

 昨年の9月に、日経新聞に驚きの記事が載っていました。メガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行がアメリカ・ヨーロッパの企業連合と共同で仮想通貨を使った決済システムを開発するというものです。このプロジェクトは、スイスの金融大手USBが手動する米欧連合の仮想通貨システム構築するもので、中央銀行への預け入れを裏付けとして独自の仮想通貨を発行し、国際間送金の効率化を図るというものです。

 既存の国際送金システムは素決済完了に長くて2週間かかったり、多額のシステム維持費用が発生するなど、グローバル化する金融業界のボトルネックとなっていました。この問題を解決するために仮想通貨を独自に開発するというものですが、この技術の下地となるのがリップル(XRP)ではないかという噂が流れたのです。

 リップルはもともと、リップル社が提供するブロックチェーンを用いた決済システムの中に付随する仮想通貨トークンでしたので、決済の迅速さには定評があります。よって米欧連合が開発する仮想通貨の下地がXRPではないかというのは納得できます。

 

他の金融機関も導入を検討中!MUFGが描くリップルの未来

 MUFGの仮想通貨開発以外にも、日本の金融業界はリップルの話題で持ちきりです。FinTech業界でのトップランナーであるSBIグループでは、リップルと提携して独自の内外為替取引プラットフォームを開発し、アジア圏での金融取引を加速させる起爆剤となることが予想されています。また、MUFGのライバルである、みずほHDもSBI、リップルと共同で 国際送金の実証実験を行うなど、リップルとの提携、導入が盛んに行われています。

 

リップルがMUFG、メガバンクに好かれる理由

 日系金融機関に大人気のリップルですが、なぜリップルは金融機関に好かれるのでしょうか。

 第一に、「リップル」とはもともと決済システムや金融ネットワークに必要なソリューションを多く金融機関へ提供しており、世界各国の金融期間が加盟する「リップルネットワーク」を構築してました。そのようなところから、リップルは金融機関の信頼を古くから勝ち取り、他の仮想通貨に先んじて導入ケースが発生するようになりました。

 第二に、リップルの安定性が挙げられます。仮想通貨の王者ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる取引情報が鎖状に繋がったシステムの上に存在しています。通常の通貨はそれぞれの国の中央銀行に発行数や流通数がギビシク管理されています。しかしビットコインは、ブロックチェーンの解読ができる人は誰でも発掘(新規発行)することができ、それゆえに価格が乱高下します。

 しかしXRPは、リップル者のみが発掘することができ、発掘後のXRPの一部をリップル者がロックアップ(市場に放出しないこと)しているため、価格が急激に変化することは少ないと言われています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 金融機関はリップルの信頼性と安定性に惚れ込んで導入を決定しているのです。

 

いつ導入?MUFGのリップル関連スケジュール

 MUFGは独自の仮想通貨「MUFGコイン」を発行するため、独自の取引所も開設する意向を今年の1月に発表しました。これを見るとリップルの実装は「ガセネタ」のように思えますが、MUFGコインの技術基盤がリップルだとする話もあり、取引所においてリップルの取り扱いも始まることも予想できるため、まだまだ目が離せれません。

 取引所の開設は2018年度中となっており、今年一年の注目ニュースになることは間違いないと思われます。

 

MUFGのリップル導入による日本市場への影響

 今回の導入で、リップルの大幅な価格変動は未だ発生していません。実装される仮想通貨がリップル本体でないことから今後も急激な値上がりは予想できませんが、リップルが技術支援をしたとなれば、リップルの信頼性は益々向上し、XRPの価値も上昇することが予想されます。

 

 

まとめ:MUFGのリップル導入と今後について

 いかがでしたでしょうか。日本でも活躍の場所を広げているリップルですが、今後も大手金融機関などとの提携や連携が進むことも予想でき、益々目が離せない状況になっています。

 しかし、仮想通貨全体が投資商品となっている現在、いくら比較的安定しているリップルでも投資による価格変動は起こりえます。また、昨年末のコインチェック社からのNEMの流出のように、システムは強固なものでも取引所の体制やヒューマンエラーで多額の仮想通貨が流出し、結果投資者に大きな損害が出ることもあります。

 仮想通貨の特徴や投資のリスクをしっかりと把握し、自分の意思で投資を判断するようにすれば、楽しい仮想通貨ライフを送れることになるでしょう。

XRPをしっかり管理『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?


初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ取引所一覧

ビットバンク(bitbank)
ビットバンクは金融庁の登録事業者にあたります。 また、リップルの取り扱いもしています。 口座開設におおよそ1週間程度見ていれば開設できるのもメリットです。
↓公式サイト↓


QUOINEX(コインエクスエクスチェンジ)
コインエクスチェンジでもリップルの取り扱いが始まりました。
デメリットは口座開設までに時間がかかること。(約3週間)
しかし、セキュリティー面を考えていくと日本の取引所の中でも高水準です。
分散投資を考え、開設をお勧めします。
↓公式サイト↓
 
コインチェック(coincheck)
仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック
がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin コインチェック