リップルの【強み】は安定感と安心感

多くの仮想通貨が生まれる中、リップルの話題が常に絶えません。一体リップルの強みはどのような部分なのでしょうか。

リップルの強みは安定と安心

仮想通貨と言えば、日本国内で最も有名なのが「ビットコイン」です。そして、二つ目はニュースなどで話題の「ネム」ですが、どちらも、良い印象ばかりではありませんね。

有名になればなるほど、悪い点も見えてきますので、それは仕方ありませんよね。他にも人気の仮想通貨はありますが、中でも安定した人気の仮想通貨は、「イーサリアム」と「リップル」です。

 

リップルの強みと人気の理由 安定した出資者たち

ビットコインは、出資者がいない、投資をしている人たちの、相互のモラルの上で成り立つという、仮想通貨の最先端をいっています。しかし、それは本当に安定しているかというと、初めて利用を考えている人には、不安な感じもします。

リップルの強みを考えると世界的に有名な企業が多く協賛をしたり、提携をしたり、出資をしています。

Googleの出資、アメリカンエクスプレスの提携は有名ですね。

他にもSBIグループが、リップルの様々な利点に注目し、採用をしていることなどから、国内では、いよいよ最大手の銀行が、次々と採用の方向に向いています。

リップルの強みは、こういった大手の出資・協賛・提携・採用と言ったことです。大きな企業が出資している、というだけでも、素人同然の私のような人間は、安定している、安心と感じます。

また、自分が日常利用している三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行などで利用ができれば、初めての人でも、利用してみたいと思います。外貨投資や株式投資、国債と普通の預貯金の他にも、財産を増やしたいと思っている人は大勢います。

しかし、預貯金ではあまり利子がつかない、外貨や株式は不安と思っている人も大勢います。それでも、ビットコインのように、大幅な高騰と下落を繰り返す仮想通貨に手を出すのは、中々の勇気が必要です。

 

リップルが行っているロックアップ

リップルではXRPの大幅な高騰や下落を、個人投資家が簡単に行うことを避けるために、第三者機関エスクローという会社に、持ちコインのおよそ半分の500XRPを預けています。

そのために、大幅な高騰や下落という動きが、ほとんどありません。

様々な提携の発表ニュースや、逆にインドをはじめとする、諸外国の仮想通貨禁止のニュースに、上昇下降はするものの、元々の40円台から200円台に下がり、現在は100円前後を行ったり来たりしています。

今は、各国の政府が仮想通貨に対して懸念を抱き、利用の制限や規制・禁止を発表していますので、どうしても、下降気味です。しかし、その中で禁止を発表していた中国の、中枢を担う中国銀行が、リップルの採用を発表していますので、また少し上向きになりつつあります。

 

国際送金の速さと安さ

リップルの一番の強みと言えば、国際送金の速さと安さです。時に輸出入によって大きな利益を得ている、企業にとっては、一分一秒、速く安く正確に送金ができれば、他の企業よりも、いい製品を得ることができます。

リップルの速さは、処理速度がクレジット決済と同等のスピードであるということです。クレジットカードを利用したことがある人は、ご存知かと思いますが、ほとんどの信販会社は、レジを通すと、数秒で決済が下ります。リップルの処理はこれとほぼ同じということです。

そのために、万が一のことを考えて、数百円で練習をしてみたとしても、他の仮想通貨では手数料が1,000円以上かかり、時間も数時間かかるのと違い、手数料も何十円で、その上、数分で相手に確認してもらうことができる、というリップルの利用は、普通の一般人にも良いということです。

実際に、こういった利点を考えて、仮想通貨の禁止を決めた中国銀行でも無視できなくなったのかもしれません。

仮想通貨は、まだ始まったばかりです。私たちの世の中は、どんどんとキャッシュレス社会になっています。クレジットカードやデビットカード・電子マネー・プリペイドカードと、カードがあるだけで生活が成り立ちます。

そして、そのカードさえも持たなくいい世の中の、さきがけを行くのが、仮想通貨です。しかし、安心して使える、安定した仮想通貨というのは、今後絶対に必要です。リップルは、まさに、安定して利用できる仮想通貨の代表ではないでしょうか。