どうなるリップル?【韓国】での規制とマーケットとの関係

リップル禁止!?韓国で仮想通貨取引の規制を発表

 2018年しょっぱなに衝撃的なニュースが飛び込んできました。韓国法務省が仮想通貨取引所の取引を禁止するという法案を準備しているという報道が1月11日付のロイター通信で発表されました。法務省の動きに、日本の金融庁に当たる財政企画部は困惑している、という報道もあり、金融取引の法規制を強化する部署と金融市場のグローバル化を進める部署との争いが韓国でも発生していることが明らかになりました。

 確かに、仮想通貨が国内で主流になれば、課税や金融市場のコントロールが国家の守備範囲を飛び越してしまい、「実態のない経済」がさらに加速することが予想されます。国家がこの動きを嫌うのはよくわかります。

 この報道を受けて仮想通貨全体の値動きが下落へ転じ、リップルだけで見ても11日の1日で約50円の大暴落となっていました。

 

韓国の今後は?リップルマーケットへの影響を予想

 この報道を受けて、同日中に韓国大統領府が報道を否定する発言を行い、値下げの動きは沈静化しました。しかし法務省からは新たに発表などはなく、今後どのような動きになるかは不透明です。もし実際に仮想通貨取引が禁止されれば、アジア全体のマーケットに大きな影響が出ることは避けられません。

 

 

リップルは他の仮想通貨と違う?リップルと国家との関係

 仮想通貨は国家が中央集権的に行う通貨管理へのアンチ・テーゼとして誕生しました。ブロックチェーンの仕組みさえわかれば誰でも仮想通貨を発掘(通貨の発行と同じ意味です)ができ、通貨管理が個人レベルで行われることも可能です。 

 これは国家にとっては大変困った動きです。自分たちの預かり知らないところで経済が動き、今まで打ってきた経済・財政政策が機能しなくなってしまいます。また仮想通貨を金融商品として認めている国はまだ少数で、仮想通貨で大きな利益が出ても、その利益を得た個人へ課税することができません。このことを考えると、国家が仮想通貨取引を規制したくなるのは理解できますね。

 しかしリップルは他の仮想通貨と決定的に使います。まず発掘はリップル社しか行えないシステムとなっており、無尽蔵にリップルの発行量が増えることはありません。多くの企業や金融機関がリップルを決済システムに組み込もうとしているのは、この安定性が大きなポイントとなっているようです。

 もう一つがリップルの使用目的です。リップルは、今まで大きなコストと時間がかかっていた国際送金を、スピーディーに、低コストで行えるようにするために誕生しました。従来最大で2週間かかっていた国際送金が、リップルのおかげで4秒に短縮された例もあります。この特徴を生かし、サウジアラビアなど、国家の国際送金システムにリップルの技術を活かすケースも出てきています。

 この動きを見ると、リップルは国家も安心して使える仮想通貨だと言えます。韓国もこの事実に早く気付いてくれればいいのですが・・・。

 

規制だけではない?韓国でのリップル動向

 韓国関連のリップについての話は悪いものだけではありません。

 日本でもおなじみのSBIホールディングスのSBIコスマネーが、韓国金融監督院から、海外少額送金業に認可されました。これにより、SBIが韓国での国際送金事業に参入できるようになりました。またSBIは昨年からリップル社との提携を進めており、今後リップルを使って国際送金を行う可能性は大いにあります。

 また、韓国をはじめとするアジアで馴染みのあるDMMが仮想通貨の取引所を開設しました。これにより、韓国やアジア圏内でリップル等の仮想通貨取引が活性化することが期待されます。

 このような動きで、再びリップルの価格が上昇する可能性も高いため、市場の動きに目が離せません!

 

まとめ:韓国の動きとリップルマーケットの今後

 いかがでしたでしょうか。新年最初のニュースが、韓国内での取引禁止の可能性だったために、ヒヤヒヤしましたが、値動きも安定し、嬉しいニュースも続々入ってきているために、当分は安心して取引を見守っていけそうです。しかし、韓国法務省はまだ法案についての態度を明らかにしていないために、今後も韓国の動きに注意していく必要がありますね。

 リップルへの投資は他の仮想通貨と比べて長期的に利益を出すことができるものですが、マイナスのニュースが出ればすぐに値を下げるとこは他の通貨と同じです。リップルに投資する場合はリスクがあることを意識し、計画的に取引していきましょう