XRPをしっかり管理『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?


初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ取引所一覧

ビットバンク(bitbank)
ビットバンクは金融庁の登録事業者にあたります。 また、リップルの取り扱いもしています。 口座開設におおよそ1週間程度見ていれば開設できるのもメリットです。
↓公式サイト↓


QUOINEX(コインエクスエクスチェンジ)
コインエクスチェンジでもリップルの取り扱いが始まりました。
デメリットは口座開設までに時間がかかること。(約3週間)
しかし、セキュリティー面を考えていくと日本の取引所の中でも高水準です。
分散投資を考え、開設をお勧めします。
↓公式サイト↓
 
コインチェック(coincheck)
仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック
がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin コインチェック

値動きはどうなる?リップルの今後に【影響】するニュースを徹底調査!

リップルに影響を与えうるニュース

 最近仮想通貨業界でリップルに関しての話題が多く聞かれます。仮想通貨界隈では、リップルの影響も大きいものとなりつつあります。

アメリカン・エキスプレスとの提携、日本のメガバンク3行との国際送金システム開発、そしてサウジアラビア政府への国際送金システムとしての導入など、大型提携や中央銀行への導入など、ワクワクするようなニュースが盛りだくさんです。

 しかし、市場の様子を見てみると、今年に入ってからは1XRPあたり120円前後を行き来する安定した値動きを見せています。

 先に述べたようなニュースが今後の値動きに影響するのか、詳しく見てみましょう!

 

プラス?マイナス?リップルの値動きへの影響を分析

 まずはリップルの値動きへの影響をプラス面から見てみましょう。

世界各国の銀行との連携

先に述べたような日本の三大メガバンクだけでなく、Merrill LynchやJPモルガンなど大手投資銀行もリップルとの提携を進めています。リップルは今までの国際送金システムでかかっていた莫大なコストを低減するために生まれました。例えば、最大2週間かかっていた国際送金の決済が、リップルを使えば、たったの4秒で完了します。グローバル化が進む金融業界に対応するため、世界中の銀行がリップルn位注目しています。

マネーグラムとの連携

 リップルは銀行だけでなく、世界200カ国に拠点を持つ国際送金サービス大手「マネーグラム」との連携も発表しています。リップルが持つ国際送金コスト低減へのソリューションが、多くのグローバル企業にも選ばれています。

 

ロックアップ

 金融機関や国際送金を行う企業は、リップルの低コスト性だけでなく、独特のシステムによる信頼性にも注目しています。リップルは仮想通貨には珍しく、単一の発行元が存在します。リップル社のみがリップルのブロックチェーンを発掘することができ、それによりリップルの供給量が一定に保たれ、価格が安定しています。

 また、リップルは今まで1000億リップルを発行しましたが、そのうちの630億リップルを自社で保有しています。この大量のリップルが市場に一気に放出されればリップルは一気に値崩れし、送金システムに必要な安定性が確保できません。そこでリップルは毎月10億リップルずつ解放するという発表しました。これにより、リップルの価格暴落する懸念がなくなり、金融機関やグローバル企業の安心感獲得にもつながりました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 次にマイナス面を見てみましょう。

まだ実験段階であるということ

 これらの提携や共同開発はまだ実験段階のものが多いです。三大メガバンクとの提携は、国際送金の実証実験が主な目的で、本格的な提携はまだ先になるのではと言われています。

 今後実験が失敗したり、所定の効果が現れないと判断されれば、提携が解除されることも十分ありえます。そうなればリップルが今まで勝ち得てきた信頼性が低下してしまい、リップルの価値も落ちることが予想されます。

情報の不確実さ

 昨年の秋頃、リップルとアップルとの連携が2018年までに実現するのではという情報が、リップル社員のリークによってもたらされました。しかし、2018年2月現在、詳しい進捗状況や正式発表も何も発表されていません。このように不確実な情報が多く流されていることもリップル関連のニュースには多くなっています。どの情報が一番信頼できるか、多様なメディアをチェックして判断しなければならない状況が今後も続きそうです。

 

リップルの値動きの特徴とは?仮想通貨へのニュースの影響

 そもそも、リップルをはじめとする仮想通貨はなぜ様々なニュースによって価格が大きく変わるのでしょうか。

 通常の通貨もそうですが、通貨の価値は需要と供給のバランスによって変動するため、ある通貨へのニュースが大きく報じられると大きく値動きします。また仮想通貨は開発途中のシステムであり、提携や新技術の開発が盛んで、ニュースになりうる話題が豊富です。また、既存の金融業y会の課題を解決するソリューションを多分に含んでいるため、経済の活性化への大きな期待がかけられています。それにより、大型提携や新技術開発のニュースが出れば、リップルをはじめとする仮想通貨の価格は上がり、コインチェック社からのNEM流出のように信頼性や安産性に不安が出るニュースが発表されれば、その仮想通貨の価格は暴落してしまいます。

 

今後リップルが金融市場に与える影響とは?

 リップルによる情報には様々なものがありますが、各金融機関や国の中央銀行の実証実験により、リップルの有用性が証明され始めています。

 また、以前よりリップルのブロックチェーンを活用した送金システムや金融機関ネットワークを利用する金融機関は多く、今後もネットワークへの加盟件数も増えることが予想されます。リップルの値動きに直接的に関係するかは未知数ですが、リップル社の信頼向上につながるだけに、今後も目が離せないニュースの一つでもあります。

 

まとめ:リップルへの投資を考えてみよう!

 いかがでしたか?リップルはまだまだ開発段階の仮想通貨で今後の成長が楽しみな仮想通貨の一つです。投資の成果が見えやすいことがリップルへの投資の醍醐味の一つですが、価格の暴落や情報の不確実さなどリスクもあります。それらのリスクも総合的に判断して、楽しく仮想通貨の未来づくりに参加してみてはいかがでしょうか?

XRPをしっかり管理『Ledger Nano S』日本国内の代理店はこちら ↓


初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?


初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ取引所一覧

ビットバンク(bitbank)
ビットバンクは金融庁の登録事業者にあたります。 また、リップルの取り扱いもしています。 口座開設におおよそ1週間程度見ていれば開設できるのもメリットです。
↓公式サイト↓


QUOINEX(コインエクスエクスチェンジ)
コインエクスチェンジでもリップルの取り扱いが始まりました。
デメリットは口座開設までに時間がかかること。(約3週間)
しかし、セキュリティー面を考えていくと日本の取引所の中でも高水準です。
分散投資を考え、開設をお勧めします。
↓公式サイト↓
 
コインチェック(coincheck)
仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック
がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin コインチェック