スポンサーリンク

眠れない …【カフェイン】にさようなら!おすすめ紅茶アレンジ術

(出典先:写真AC)

 

「紅茶飲んじゃった…眠れない…」  飲みたくなりますよね。 一日の終わりは至福の時間ですから。 ではその時間を安眠前の準備時間に変えましょう。

どうしてカフェインを入れると眠れないの?

どうしてカフェインを入れると眠れないの?

(出典先:写真AC)

 

カフェインには覚醒作用があります。 自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2種類で成り立っています。 日中に活発なのが交感神経。

 

睡眠中やリラックスしているときは副交感神経が動いています。 カフェインは活発な交感神経に働きかけ、眠気を覚ましたり興奮状態をもたらすのです。 これでは眠れないですよね。  カフェイン摂取量を最小限にしながら紅茶を楽しむ方法があります。

眠れない日々を解消して眠れる日常を取り戻しましょう!

ノンカフェイン紅茶で「眠れない」を解消!

ノンカフェイン紅茶で「眠れない」を解消!

(出典先:Pixabay)

 

ノンカフェインでもたくさんのフレーバーが販売されているので迷ってしまいますよね。 カフェインとは紅茶のうま味や苦味を引き出すのに必要不可欠です。 眠れない症状が解消できたとしても、ノンカフェインでは少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。  ミルクには安眠を促す効果があります。

ミルクを淹れてホットミルクティーにすると味も変わり安眠効果も高くなります。 体調に合わせて風邪気味ならはちみつ、疲れていたら黒糖、リフレッシュしたいならレモンティーにするなどアレンジしてみましょう。

 

デカフェ紅茶はカフェインゼロ!

デカフェ紅茶はカフェインゼロ!

(出典先:写真AC)

 

デカフェ紅茶は、味は紅茶に似ていますが製造工程が違い、カフェインゼロの茶葉です。 初めての方は飲みにくいかもしれません。 では、こちらもアレンジ!  安眠効果のあるハーブを加えてみては? おすすめはカモミールです。

 

甘い香りが漂うカモミールには鎮静作用があり、安眠効果をもたらします。 温かいカモミールティーが体を内側から暖めることで副交感神経が刺激されます。 眠れない症状を緩和し、芯からリラックスできますよ。

 

紅茶専門店に行ってみよう

スポンサーリンク




 

紅茶専門店にはたくさんのハーブティーがあります。 ブレンドすることでより安眠効果が得られるものもあります。 常用している薬や体質によっては合わないハーブがありますので、アドバイザーに聞いてみましょう。 眠れない症状を改善させる最適な紅茶を照会してくれます。 カフェインが入っていても早い時間帯に飲めば、眠るころには効果が れます。 日中に飲める美味しい紅茶も探しちゃいましょう♪

 

おわりに

 カフェインには脂肪燃焼と疲労回復効果

(出典先:Pixabay)

カフェインが入っている紅茶は午前中までにしてみましょう。 カフェインには脂肪燃焼と疲労回復効果があります。 日の光をしっかり浴びて体を動かすことで健康促進! 夜はリラックスを促して心地よい眠りにつきましょう。 眠れない日々にさようなら! 紅茶アレンジで快適な安眠を…♪