スポンサーリンク

【アールグレイ】の効能とは?紅茶の不思議

出典:photo-ac

あなたはアールグレイという紅茶はご存知ですか?

おそらく紅茶を飲まれる方ならば馴染みがあるとおもいます。

今回はそのアールグレイの由来と紅茶の効能についてお話をしていきたいと思います。

 

アールグレイとは

ベルガモットで香りをつけた柑橘系のフレーバーティーです。

アールグレイのグレイは、1830年代の首相イギリスのチャールズ・グレイ伯爵の意味です。アールグレイは茶葉の種類ではなく、フレーバーティーの1種なので、ダージリン茶葉を使ったアールグレイという紅茶もあります。

 

そのため、茶葉とベルガモットのバランスがそのブランドによっての違いになります。ベルガモットはヨーロッパでは日常的に使用されるミカン科の植物です。

ベルガモットとアールグレイ

 

スポンサーリンク




紅茶アールグレイの効能を決めるのは、やはり「ベルガモット」の効能となってきます。 ベルガモットは酢酸リナリル、リナロールという栄養素を含み、これはラベンダーに含まれるものと同じで、鎮静作用を含んでいます。神経を鎮静させストレスを緩和させる効能があるので、「天然の抗うつ剤」とも呼ばれています。

 

そんなベルガモットを含むアールグレイにも、抗不安作用や血圧降下作用などの効能があると言われます。

柑橘系植物にある『リモネン』の効能とは

 

さらに、柑橘系植物に多く含まれるリモネンが消化促進、血液の循環をよくする他、大腸菌などの病原体に対する抗菌作用もあり、皮膚疾患にも効能があるといわれます。フランスでは抗生物質の代わりに使われることもあるそうです。

 

実際にはカフェインを含む紅茶は覚醒効果があるので、神経を高ぶらせる効果があると言われていますが、アールグレイの場合は、このベルガモットとのバランスにより、むしろリラックス効果が期待されています。

 

アールグレイの茶葉の不思議

 

少し矛盾するようですが、普通は睡眠を妨げるはずの紅茶が、ただの茶葉だけの状態よりも、眠気を妨げることは少なくなるという他の紅茶にはない効能があります。 その他にも、抗菌作用からうがい薬に使われたり、生活習慣病の予防にも効能が期待されるアールグレイですが、保存には注意が必要となります。

 

アールグレイを美味しく頂く為の工夫

 

アールグレイの袋を開封後、つい冷蔵庫に入れたくなりますが、庫内の匂いを吸収してしまい、せっかくの柑橘系の香りがなくなってしまいます。もちろん、日の当たらない、冷暗所で保存する必要があるので、冷蔵庫の中で保存する場合は、密封するためのビニール袋などを利用すると庫内の匂いを吸収するのを防ぐことができます。

 

最も良いのが、海苔専用に販売されている、アルミ素材の密封袋です。海苔が湿気るのを予防する袋ですが、紅茶の茶葉もアルミの袋に入って販売されているものと同じで、光を遮断し密封する働きがあります。

 

せっかくの効能を長続きさせるためにも、保存方法も一工夫しましょう。

 

まとめ

 

保存に気を付ければ半年くらいは開封後も楽しめるアールグレイ。ストレートティーで飲むのも美味しいですが、ミルクティーや他のフルーツと合わせたフレーバーティーとして楽しむことができます。