スポンサーリンク

コンブチャ?紅茶キノコ?【ダイエット・健康飲料】としてブーム到来

出典:ぱくたそ

 

あなたは紅茶キノコって聞いたことありますか?そしてコンブチャって聞いたことありますか?  飲みやすい健康飲料として今日本でブームになっている紅茶キノコ、そしてコンブチャ。

 

これ実は2つとも“全く同じ物”なんです。

コンブチャとは

 

日本では全角表記の「紅茶キノコ」と呼ぶ人が多いようですが、正式な商品としては「コンブチャ」の名称で販売されている物が多いみたいですね。

 

ちなみに「コンブチャ」と、日本のお茶の一種である「昆布茶」は発音が同じですが全くの別物です。紛らわしく間違いやすいので注意が必要です。

 

今回はそのコンブチャと紅茶キノコについての知識と、実際に日本で購入できるコンブチャについて紹介していこうと思います。

 

コンブチャの名前の由来

 

そもそも、紅茶キノコとコンブチャ、同じものならなぜ違う名前で呼ばれるような事になってしまったのでしょうか?  その理由には40年前に日本で起こった紅茶キノコブームが関わっています。

 

当時、健康に良い飲み物とされて日本に輸入された紅茶キノコですが、作成過程で紅茶の中に「キノコの形に似たゲル」を入れる事から「紅茶キノコ」の愛称がつきました。

 

その結果、日本では「紅茶キノコ」の名前が浸透し今でも呼ばれています。   一方、日本よりも少し遅れて紅茶キノコが流行ったアメリカではこの飲み物を「Kombucha」と呼ぶようになりました。

 

それ以来欧米ではコンブチャの開発は進み、体に良く美味しい飲み物となって再び日本へ伝わってきたのです。  この、2つの時期で違う広がり方をした結果が「紅茶キノコ」と「コンブチャ」の名前のズレの原因になっているということです。

 

「コンブチャクレンズ」と「コンブチャマナ」を比較

 

スポンサーリンク




それでは、実際に日本で販売されているコンブチャの商品を紹介していこうと思います。  現在日本のコンブチャ界では2つのブランドが大きくシェアを広げており、有名芸能人などもそのどちらかを愛飲している方が多いようです。

 

なので、今回はその2大ブランドである「コンブチャクレンズ」と「コンブチャマナ」を比較しながら紹介していこうと思います。

 

コンブチャ価格比較

 

まずは気になるお値段ですが、両方1ヶ月分の単位で販売しています。

  • コンブチャクレンズは1ヶ月分が5,500円
  • コンブチャマナは1ヶ月分が7,800円

1ヶ月分で見たときにはコンブチャクレンズの方がお得なようです。

コンブチャ内容量比較

ただ、問題は両者の内包量で ・・・

 

 

  • コンブチャクレンズは1ヶ月分が720ml
  • コンブチャマナは1ヶ月分が約3,000ml分

 

となっていて、コンブチャマナの方が多い量を飲むことが出来ます。

 

ただ、コンブチャクレンズは既に飲料として完成された状態の商品であり、コンブチャマナはパウダー状で販売されていて自分で用意した水や炭酸水に混ぜる必要がありますので、数字だけでは比較し難い部分があります。

芸能人などの体験談を基準にコンブチャを選考

 

ただ、どちらも多くの芸能人が愛飲していて実際に効果を体感しているという風にコメントを残していますので、購入する方の好みで選んでしまって問題ないと思います。

まとめ

コンブチャクレンズには飲みやすいマンゴー味もありますし、コンブチャマナは初回お試しで10日分を980円で販売してくれています。 まずは、両方試飲してみて自分に合うものを見つけることをオススメします。