スポンサーリンク

 

初心者でも通に見える紅茶【器具】と本格的な入れ方

出典:ぱくたそ

紅茶の魅力は味わいはもちろんですが、味わうまでの工程や優雅な雰囲気。器具を探し、お気に入りの器具がそろったときの喜びは一入です。

友人やお客さんの前で本格的な紅茶器具と入れ方でおもてなしできたら一目置かれること間違いありません。皆さんはどんな器具を使っていますか。

 

紅茶初心者でも持っていると通ぽく見える紅茶器具と本格的に見せる入れ方を紹介します。

通に見せる紅茶器具の紹介と説明

通に見せる紅茶器具の紹介と説明

出典:ぱくたそ

やかん

お湯を沸かすために使います。色んな形状のものがありますが好みでおしゃれなものを選びましょう。気を付けることは鉄製のものだけは避けてください。

微量の鉄分がお湯に溶け茶葉が酸化し黒ずむことがあるからです。

ティーポット

沸かしたお湯を入れ茶葉を抽出するために使う器具です。ガラス製と陶器製のものがあります。ガラス製品は手入れが簡単でジャンピングが見えるので入れるときの演出になるのでお勧めです。

ティーストレイナー

いわゆる茶こしになります。ティーポットからカップに注ぐときに茶葉が入らないようにするために使います。ティーポットに茶こしが付いている物もありますが、通に見られたいならティーストレイナーは外せない器具です。

カップとソーサー

カップとソーサーも頂くときに必要な器具の一つです。カップは口が広く浅いものの方が香りや風味がより強く味わえます。また紅茶の色合いや透明度を楽しむには底に色が入っていないものを選んでください。ソーサーはおもてなしには必須ですからカップとセットで用意しましょう。

 

ティーキャニスター

茶葉を保管する容器のことです。茶葉は湿気等で風味を損ないやすいので、しっかりした容器で保管しておきたいところです。数種類の茶葉をストックし食事のメニューや気分で飲み分けていれば紅茶通に見えること間違いありません。

 

ティーコジー

 

ティーポットに被せるカバーのことです。紅茶の温度を保つために用います。見た目も華やかになり、いかにも本格的な雰囲気を醸し出すアイテムです。

スポンサーリンク




 

本格的に見せる紅茶の入れ方

本格的に見せる紅茶の入れ方

出典:ぱくたそ

蒸らし

紅茶の入れ方で忘れてはいけないのが蒸らしを入れることです。高温のお湯で蒸らすことで香りや風味が強まります。蒸らす時間が長いほど濃くなるのですが、長すぎると茶葉から渋みや苦みまでも抽出されてしまうので気を付けましょう。茶葉の種類、飲み方によって蒸らす時間を変えられば上級者といえます。

ジャンピング

本格的に見せる入れ方として外せないのがジャンピングです。ティーポットの中で茶葉が躍る様子は見せ場の一つ。ぜひ取り入れてもらいたい紅茶の入れ方です。ジャンピングを起こすコツは高温のお湯を空気と一緒に勢いよく入れることです。30cmくらいの高さから注いでみて下さい。高温のお湯を保つためティーポットをあらかじめ温めて置くと良いでしょう。ジャンピングが起こると茶葉から万遍なく旨みが抽出されます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、初心者でも通に見える紅茶【器具】と本格的な入れ方ということで解説をさせていただきました。

器具と入れ方を押さえておけば、とりあえず紅茶通の仲間入りです。作法なども身に付け本物の通を目指しましょう。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。