スポンサーリンク

紅茶で安眠。【カフェイン効果】でストレスフリー&リラックスティータイム

(出典先:Pixabay)

 

紅茶に入っているカフェインが気になって飲むことをためらっていませんか? 「眠れなくなるから飲まないようにしている」…  なんてもったいない! カフェイン効果を利用してストレスフリーな生活習慣を手に入れましょう!

 

カフェインはなぜ眠りを妨げるの?

カフェインはなぜ眠りを妨げるの?

(出典先:Pixabay)

カフェインには覚醒作用があります。 摂取してから約30分で脳内に到達します。 そして持続時間は8~14時間! でも安心してください。 この効果を利用すればストレスフリー&リラックスティータイムが過ごせるんです。

 

カフェインのキーワードは「時間」

カフェインのキーワードは「時間」

(出典先:Pixabay)

 

持続性の高いカフェインの覚醒作用を利用しましょう。

◇アーリーモーニングティー

紅茶の本場イギリスでは、旦那さまが目覚めた奥さまのために紅茶を淹れてベッドまで運ぶ習慣があります。  朝一番にカフェインを摂取すれば30分で頭がすっきりしますよ。

 

 ◇ブレックファストティー

スポンサーリンク




忙しい朝でも紅茶を取り入れた朝食を摂りましょう。  カフェインの覚醒作用に加えて咀嚼することは、より脳内を活性化させます。  朝からいい香りのアロマ効果でリラックスできますよ。

 

◇ランチティー

午前中に集中力が切れてなんだか眠くなってきた…疲れたな…  昼食時に紅茶を取り入れましょう。  カフェインには覚醒作用のほかに集中力を高める効果があります。  午後のあなたをカフェインがサポートします。   快適な眠りを得るために  カフェインの持続時間は8~14時間といわれていますが個人差があります。

 

最初は休日に徐々に試していきましょう。 そうすることで、何時間くらいでカフェイン効果が切れていくのかわかるようになってきます。

 

時間を逆算していけばカフェイン効果は怖くない、むしろ利用できるうれしい効果なんです。

 

 

夜にどうしても紅茶が飲みたい

夜にどうしても紅茶が飲みたい

(出典先:Pixabay)

 

一日の終わり、疲れた体を癒したい。 紅茶が飲みたくなりますよね。 でもこの時間に飲んだら確実に眠れない。 そんな方にはハーブティーをおすすめします。  ハーブを乾燥して作っているので基本的にノンカフェインです。 種類によってはローカフェインだったり、いくつかをブレンドしているものもあります。

 

紅茶専門店に聞いてみるといいでしょう。 好きな香りも直に選べますし相談もできますね。 時間がない方は、「安眠」「妊娠中も安心」と検索すると体に優しいノンカフェイン紅茶が見つかりやすくなります。

 

まとめ

カフェイン効果で心身活発に動くことで相乗的に安眠効果

(出典先:Pixabay)

 

カフェインは体に悪いと言われがちです。 体質体調にも個人差がありますので合わない方は無理せずノンカフェインを選びましょう。 カフェインにはほかにも疲労回復、脂肪燃焼、記憶力の向上など心身ともに健康を維持する効果もあるんです。

 

日中、カフェイン効果で心身活発に動くことで相乗的に安眠効果も促します。 摂取するタイミングを知ってストレスフリー&リラックスティータイムを過ごしましょう♪