スポンサーリンク

これってカフェインの【影響】?紅茶好きに知ってほしい! 体に優しい紅茶生活 

(出典先:Pixabay)

 

「紅茶にはカフェインが含まれている。  ご存知の方も多いのではないでしょうか。 日々の体調の波。

これってもしかしたらカフェインの影響? 紅茶好きのあなたにぜひ、知ってほしいことがあるんです。

 

不調を及ぼすカフェイン

 

(出典先:写真 AC)

過剰摂取したり体質的に合わない方には以下のような症状があらわれます。 ・頭痛 ・不眠 ・吐き気 ・めまい ・胃や内臓の不快感 など  もし、このような症状があらわれた場合は紅茶は少しお休みして、ノンカフェインの紅茶に切り替えてみましょう。

 

それでも症状が治まらない場合は自律神経やほかの病気の可能性もあります。 一度医師に相談をしてみたり十分な休息を心掛けて心身を優しくいたわってください。

 

原因はカフェインの過敏反応

 

スポンサーリンク




カフェインの過剰摂取で起こる影響に頭痛とありますが、実はカフェインは鎮痛薬にも使われているんです。 カフェインは中枢神経を刺激する作用があります。

 

これによって頭痛が治まったり、眠気防止、疲労回復効果があらわれます。 しかし、カフェインに過敏な方が摂取してしまうと刺激が強くあらわれてしまって逆に頭痛を引き起こしたり不眠、倦怠感が起こってしまうんです。

 

紅茶のカフェインと結合するテアニン

紅茶のカフェインと結合するテアニン

(出典先:Pixabay)

 

紅茶にはテアニンというアミノ酸の一種である物質が含まれています。 このテアニンがカフェインと結合すると、カフェインの影響を和らげます。

これは同じくカフェインを含むコーヒーには無い成分なので、紅茶好きには体に優しくてうれしい作用ですね。 コーヒーがカフェインを直接体内に取り込むのに対し、紅茶はタンニンとの結合で緩和しながら吸収するため、覚醒作用よりも鎮静作用がより強く働きかけます。

 

つまり、目を覚ましたり興奮させるよりもリラックスさせる影響の方が高いんです。

 

紅茶のカフェインはメリットが多い

 

(出典先:写真 AC)

紅茶のカフェインはタンニンと結合することでデメリットを緩和させます。 そして鎮静作用をより働かせることで良い影響がたくさんあるんです。 紅茶の香りとの相乗効果でよりリラックス効果を促します。 イライラや興奮を抑え心の健康を守ります。

不安や緊張を和らげ精神を安定させます。  覚醒作用が優しく働きかけることで中枢神経への影響が緩和されるので、程よく疲労回復効果や代謝促進、むくみ防止にうれしい利尿作用も得られることができます。 集中力や記憶力も増すことで明るいうちに脳を活性化させて、一日の締めくくりは十分にリラックスできますよ。

 

おわりに

紅茶のカフェインには独特の作用

(出典先:Pixabay)

紅茶のカフェインには独特の作用があります。 その日の体調によって影響が違ってくる場合もありますのでノンカフェインも含めた紅茶をいくつかそろえてみるのもいいですね。 カフェインの影響を知って体に優しい紅茶生活を楽しんでくださいね。