リップルと XRPに意味の違いってあるの?

つい、仮想通貨の説明をする時に、「リップル」と「XRP」を=のように説明してしまいますが、リップル=XRPではありません。

簡単にいうと、日本=円ではないということでしょうか。もう少し分かりやすく言うとSAO(アインクラッド)=コルでないということです。すみません。ますます、解らなくなってしまいましたね。意味不明の人は、検索してください。

 

XRPは通貨の単位

日本でも現在の円の前に、銭という通貨単位が使われていましたよね。それと同じ様にXRPというのは、あくまでもその中で使われる、独自の通貨単位のことです。

それに対してリップルは、銀行や金融機関などと提携し、本来の送金システムの課題である「送金の際にかかる時間」や「送金手数料」などの問題を緩和ために開発されたシステムのことです。

つまりリップルというのは、簡単に言ってしまうと、「送金システム」の一つの方法といったところで。そのシステムを利用するための、独自の通貨が「XRP」ということです。

そして、XRPがリップルというシステムの中で、他の通貨との換金をするための「ブリッジ通貨」とシステムを利用するための「システム手数料」の役割を果たします。ブリッジ通貨というのは、円やドル、ユーロなどの法定通貨、ビットコインなどの仮想通貨を相互に交換する時の橋渡しとなる、通貨のことです。

XRPはこの、ブリッジ通貨としての手数料が、他の仮想通貨と比較し低いということが注目されています。

 

リップルとしての機能

そして、もう一つの特徴は、XRPを送金する時の処理速度の速さです。

こちらはリップルのネットワークの特徴となります。

例えば、日本からアメリカに留学している子どもに送金をするとします。

その場合、利用者はまず銀行に行き、送金の処理をします。その場合「日本の○○銀行」から一度、「中継銀行」にお金が送られます。そして、そこでドルに変えられ「アメリカの△△銀行」に入金されます。

この流れで送金されると、まず銀行の営業時間、両替のための手数料、送金手数料などがかかり、2,500円~5,000円ほどかかります。さらに、窓口やATMの時間も決まっていますので、それだけ時間を必要とします。

また、子どもから5万円分送金して、と言われた時の円の相場と振り込んで子どもの手に渡るまでの円の相場によっては、手数料などを差し引くと、4万円分くらいにしかならないことも。

ビットコインの場合は、0.001BTCが送金手数料として取られますが、これはおよそ1,000円~1,500円になります。こちらはビットコインの円のチャートによって違います。

リップルは、手数料が0.15XRPですので、1XRP100円なら、手数料はわずか15円です。もちろん、高騰すれば60円、70円となりますが、それでもビットコインののような、手数料がかかることにはならないのではないかと思われます。

さらに、リップルを利用すれば、時間を気にすることなく、送金ができます。リップルは、「中継銀行」の役割をするのがリップルネットワーク上です。

利用者が、すでにリップルを円で10万円分、およそ1000XRPが口座にあったとします。そこから、アメリカの子に送金をする時、500XRPをリップルネットワーク上で即時送金します。そのまま、アメリカの子どもがそのままドルに変換します。ここまで、わずか数分で処理できます。

もし、口座になければ、口座を開き、円からXRPに変えて、即時送金をすることが可能です。全てネットワークでできますので、時間をロスすることがありません。

処理速度そのもの速いのが特徴です。他の仮想通貨は、処理をするのに15分から1時間以上かかります。早いと言われるイーサリアムが5分~15分、ビットコインの場合10分~1時間以上かかることもあります。(ただし、これは送金に利用する取扱所によっても早さが異なります)

しかし、リップルネットワークであれば、およそ5秒~5分です。送金処理が毎秒1500件というクレジットカードVISA並の処理能力を持っている事が、その理由です。

リップルの特徴は、リップルネットワークのスピードがとても速いこと、利用コストが低いことです。そのため、リップルは海外送金、国際間送金に特化した仮想通貨と言われています。

それを可能にしているのが、「リップル」のネットワークシステムで、そしてその時に利用できるブリッジ通貨が「XRP」です。