仮想通貨の転換点!?リップルでの【ハードフォーク】の可能性を検証する

そもそもハードフォークとは?リップルの転換点を探る

 仮想通貨の大きな話題にハードフォークというものがあります。ハードフォークというのは、仮想通貨を完全な新仕様にするために旧仕様のブロックチェーンとは別のチェーンに転換することを言います。元のブロックチェーンとは互換性が全くなくなりますが、以前のブロックチェーンはそのまま残ります。しかし、以前のブロックチェーンよりも新しいものが優れていたり、発掘者全体が合意して新たなブロックチェーンに乗り換える場合は以前のブロックチェーンは消滅してしまいます。

 リップルでは、発掘者がリップル者のみに限定されているために、仮にハードフォークが行われた際は古いブロックチェーンは消滅してしまう可能性もあります。

 

リップルのアップグレードの伴うハードフォークの可能性

 リップルは各国の金融機関やクレジットカード会社などで決済室メヌに導入されたり、決済システムの開発ベースになったりしています。今以上に活躍の場所を広げるためには、セキュリティの改善や決済スピードのさらなる向上など、様々な改良が施される必要があります。コオために、新しいブロックチェーンが養子され、ハードフォークが実行される可能性もあります。

 今までリップルがハードフォークを実行するというニュースは入ってきていません。しかし、今後ハードフォークが発表されるかもしれません。

 

リップルへのハードフォークの影響

 リップルがハードフォークを実行すれば、XRPへどのような影響が出るのでしょうか。ハードフォークを行えば、以前のブロックチェーンは互換性を持たなくなるため、新しくできる仮想通貨トークンは今までの取引情報を含みません。そうなると、XRPの優位性は失われることになり、XRPは価値を失ってしまうのでは、と考えてしまいがちです。しかし、ハードフォークによって価値を高めた仮想通貨の例もあります。

 イーサリアムはTheDAOのICOでのDAO流出以降、信頼が低下していましたが、ハードフォークによって信頼を回復し、相場も値上がりに転じました。イーサリアムの場合は以前の取引が反映されているため、ハードフォークかは微妙ですが、ブロックチェーンの転換は実際に行われているので、ハードフォークによる成功の一例と言ってよいでしょう。

 また、ビットコインのブロックチェーンのハードフォークから誕生した仮想通貨としてビットコイン・キャッシュがあります。このビットコイン・キャッシュの登場により、ビットコイン自体の価格も上昇しており、似通った仮想通貨の共存も可能であることが証明されています。

 XRPはすでに幾つかの決済システムに採用されているため、完全なブロックチェーンの転換は可能性が低いと考えられます。このため、今までの市場取引も引き継がれ、価格も上昇すると考えることもできます。

 

まとめ:リップルの今後の動きに注目

 ハードフォークは、どちらかといえばクラッシャーとしての側面が今まではクローズアップされてきました。今までの取引が全て無効になるのではないかという不安がつきまとうものですが、イーサリアムやビットコインのようにハードフォークによって価値を上げた仮想通貨もあります。

 リップルが今後どのようなハードフォークを行うのか、そもそもハードフォークによるXRPのアップデートを行うのか、未だ不透明ですが、市場への効果が大きいだけに、今後の注目ニュースになることは間違いありません。定期的に開催されるミートアップ等のイベントやリップル社のツイッターから発信される情報から目が離せない時期が続きそうです。