【リップル(XRP)】どこまで伸びる?ポスト・ビットコインになれるか?

ポスト・ビットコインと言われているリップル(XRP)ですが、今後どこまで伸びるのか考えて見たいと思います。実際にどこまで伸びるか、材料などを見て、考えて行きたいと思います。

 

「仮想通貨」はどこまで伸びる?

コインチェック社における仮想通貨「NEM」の流出が大きな話題があり、どこまで伸びるか仮想通貨に対する不安がマーケット全体を覆っています。

NEM自体は高度なセキュリティーを確保した、比較的安全な仮想通貨でしたが、コインチェック社の管理により流出した結果となり、仮想通貨の取引所の信頼性も注意しながら投資を進めなければならないことが再認識されました。実際には、どこまで伸びるのか、仮想通貨の内容にも注視しながら、取捨選択をしていかなければなりません。

そして、代表的な仮想通貨として「ビットコイン」が挙げられますが、現在ビットコインの価格は、数量単位である1ビットコインあたり100万円前後(2018年2月16日現在、bitFlyerにて)と取引額も大きく、単位も複数あり仮想通貨初心者にはなかなか手が出しづらいもの・・・。そんな中、新たな仮想通貨として「リップル」というものが注目を集めています。リップルとは一体なにか、そしてリップルの将来性について見ていきましょう!

そもそもリップルって?特徴は?

仮想通貨には二つの種類があり、一つが皆さんにもなじみ深いビットコイン、そしてもう一つが「アルトコイン」と呼ばれるものです。リップルはアルトコインの一つにあたり、実は最近話題のNEMもアルトコインの仲間なんですね!

さてさて、そんなリップルは一番「仮想通貨」としての性格が強いものと言えるものではないでしょうか。リップルはもともと国際間送金のスムーズ化、低コスト化を目指して開発されたものです。通貨はそもそも取引の媒体として用いられるために太古の昔に作られたのですから、リップルこそが「真の仮想通貨」と言えるわけです!

また、世界で唯一の法人向け送金ブロックチェーンであるため、流動性リスクも比較的小さく、リスクに敏感な投資家にはうってつけの仮想通貨といえます。リップルは明確な発行元である「リップル・ラボ社」により発行され、中央集権型のシステム構築がなされていることも安定性に繋がる要因と言えます。

リップルについて少しは理解していただけたでしょうか?それでは現在のリップルの取引状況について見てみましょう。

リップルの取引状況はどこまで伸びる?

リップル社は2017年12月8日に、夏から予告していた保有総数610億XRPのうち、550億XRPをロックアップ、つまり市場へ出回らないよう保護したと発表しました。これにより、リップルの価格が極端に下落するリスクが消滅し、さらに毎月10億XRPずつ市場に解放されることも予告されているため、リップルの需要過多による急激な価格の上昇もある程度は抑えられることが予測されるため、安定的に価格が上昇する環境が整ったと言えることができます。

リップルの取り扱いを行なっている取引所はBitTradeやGMOコインなど5つで、1XRP(リップルの最小単位)がどの取引所でも平均して約110円(2018.2月現在)となっています。どの取引所がどのような特徴を持ち、どのような面で優れているかはこちらの関連記事よりご覧ください。

→ 【最新版】仮想通貨の日本取引所一覧(登録事業者・みなし業者)

決済速度の速さ、安い手数料、そして単位の統一によるイメージのしやすさから、初心者でも投資を始められやすい取引状況が続いていると言えますね!

 そんな安定性もあり、「通貨」としても優れているリップルが今急激に値を上げています。そこにはどんな理由があるのでしょうか?

今リップルが熱い!伸びるその理由は?

  仮想通貨は、発行数が世界的な金融市場に比べて、まだまだ少ないために取引数が増加したり、大手銀行やクレジットカード会社等の金融機関が結成手段として導入すると、その仮想通貨の信頼性が増し、人気が高まることによって急激に価値が高まる傾向があります。

2017年11月17日にリップルと大手クレジットカード会社アメリカンエキスプレス社(通称:アメックス)が業務提携を発表した途端、前日16日の終値23.6円から最大32円まで値上がりしました。リップルはアメックス以外にも大手銀行や証券会社の決済システムとして導入されており、今後も導入分野が増えることから安定して値上がりしていくことが予測されます。投資するなら今ってことですね!

広がるリップルの導入分野(リップル公式HP:https://ripple.com/jp/

 

リップルはどこまで伸びる?口コミは?

 新たにサウジアラビアが国際送金の決済システムとしてリップルを導入したり、ウエスタンユニオンによるXRPのテストを実施するといった動きに対してネット上でもリップルへの将来性を期待する声が多く見られています。

    

ポスト・ビットコイン?【リップル(XRP)】どこまで伸びる?まとめ

いかがでしたでしょうか?リップルの将来性や信頼性を感じていただけましたでしょうか?今後ますます様々な分野に導入され、その都度価値が上がっていくリップル。1年前は1円にも満たなかったリップルの価値が1年で100倍以上の110円前後(2018.2月現在)まで値上がりしているのですから、今後も急激に値上がりすることも十分考えられます。

しかし、投資は自己責任です。ご自身でもう少しリップルを調べて見ると良いと思います。もちろんこのサイトをみて、投資されたとしても一切の責任を持ちません。余裕資金で行って投資を勉強することをおすすめいたします。

関連記事

→ リップル(XRP)は【2020年】いくらまで上がるのか?みんなの予想

→ リップル(XRP)保管に【無料/安全】ペーパーウォレットの作り方と『Ledger Nano S』