スポンサーリンク

「紅茶のシャンパン」ダージリンの【効能】

世界三大紅茶の一つ、インド産茶葉のダージリンは別名、「紅茶のシャンパン」とも言われます。

香り高い風味、マスカットのようなフレーバーが特徴です。

 

ダージリンの効能

ダージリンの効能といえば何といっても・・・

 

  • 「美白効果」
  • 「美肌効果」です。

 

 

シミ・ソバカスを消す成分がダージリンにある!

 

最近は「シミやそばかすを消す効果」で有名なハイドロキノンという成分を含むということで、ダージリンには美白の効能があると言われています。

 

消化吸収の効能

 

また、ビタミンやミネラルが豊富なので、抗酸化作用がみられ、美肌効果もあります。また、胃腸の働きをよくすることで、消化吸収を良くする効能があります。

 

「ダージリン・ホワイトティー」とは

 

スポンサーリンク




ダージリンには味や香りだけでなく、殺菌効果や疲労回復など様々な効能も見られます。 中でも、「ダージリン・ホワイトティー」と呼ばれるダージリンの一番茶の芯の部分を紅茶にした、最高級のダージリンティーがあります。

 

ホワイトティーはよりミネラルが豊富で健康に良い「アルカリ茶」です。美白、美肌や疲労回復の他に高脂血症、肝機能低下の予防やがん予防、脳卒中や高血圧予防の効能もあると言われています。

一番摘み

ダージリンには三回収穫期があります。その中でもファーストフラッシュ(一番摘み)の茶葉は春摘の茶葉で香りが高いので、ミルクティーにするよりもストレートで飲むのに最適です。紅茶の色は黄色みがあり、味が独特なので好みが分かれます。

二番摘み

一般にマスカットのようなフレーバーといわれるのは、二番摘みの茶葉で5~6月に摘まれる茶葉です。ストレートティーでダージリン特有の香りを楽しむのが一番です。

三番摘み

そして、ダージリンティーをミルクで飲むなら、秋摘みの三番摘みになります。秋摘みは香りが少なく、その代り濃厚な味を楽しむことができます。そのため、一番ミルクティーに向いています。生産のわずか5%しかない秋摘みですが、濃厚なコクでロイヤルミルクティーに最適です。

 

虫歯予防の効能

ダージリンは紅茶の紅い色素「テアフラピン」「テアルビジン」を含みますので、紅茶ポリフェノール特有の抗菌作用の効能があり、虫歯予防の効能やうがい薬の代わりなどにもなります。

 

まとめ

 

もちろん、カフェインも含みますから、カフェイン特有の「覚醒作用」「利尿作用」の効能があるのは言うまでもありません。 因みに、ネットで「ダージリン画像 と検索すると、紅茶の写真や絵よりも先に「ガールズ&パンツァー」の大人気キャラクター「ダー様」ことダージリンが出てきます。

 

戦車の中でも紅茶を飲むダー様が美しいのは、いつもダージリンを飲んでいるからでしょうか。

あなたも美しくいられるための内側へのケアと心を豊かにする紅茶の時間を大切にしてみませんか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。