リップルに投資して長者になれる?!

リップルって何??あの大手企業が??

そもそもリップル(ripple)とは何でしょう。2004年、カナダ人の、ライアンフガーというウェブプログラマーが作った、仮想通貨です。XRPという通貨単位で、海外為替、送金ネットワークなどで主に使用されます。 

リップル社のCEOが長者番付けに出たニュースも衝撃的な出来事でした。

最近では、あの大手IT企業のGOOGLEが投資したことで、有名になりました。日本では、東京三菱UFJ銀行がリップル使用を2017年に表明したことで、日本でも人気が高まってきています。

 

仮想通貨って実際何なの?リップルはどうやって使うの? 

仮想通貨といえば、ビットコインが主に流通していますね。リップルもビットコインも種類は違いますが、おなじ仮想通貨です。このような通貨は、取引所(会社)経由で、使われていて、ドルなど法定通貨に交換することもできます。世界全体では、600種類ほどあり、リップルの現時点でのランキングは3位です。リップルは少し他の通貨とは少し違い、リップルネットワークを使い、安い手数料で、数秒で銀行間の取引をすることができます。2004年に作られたのに、この数年で3位まで上がるとはすごい人気ですよね。

 

リップルって、儲かるの??長者になれる??

実は、とても儲かります。失敗談などいろいろ聞きますが、それは一部の人です。

成功するには、まずはリップルの価値をウェブサイトで確認します。

https://coinmarketcap.com/currencies/ripple/

↑これが瞬時に値段がわかるサイトです。

そしたら、自分がそのときだと思った瞬間にリップルを買います。

 

そして、価値が急激に上がった時に、売り出します。

そうして、一夜にして億万長者になった方がおられるようです。

 

実際に億万長者になった方の体験談!!

体験者Aさん(知人なので一応匿名にしておきます)は、2015年の初めのほうにリップルを買ったようです。会社の上司が、その時に投資して成功したらしく、Aさんもしてみたいと思い、リップルを買ってみたようです。そしたら、思いもしないうちに、約3年ほどで、約四百倍ほどの価値に上がったようです。そしたら、億万長者までにはいきませんでしたが、リップルだけで生活ができるまでになったらしいです。すごいですよね、とてもラッキーです。

リップルで利益が出たら、税金はどうするの??

やはり、税金などはあるようです。20万以上の利益を得た投資家は、国税庁に確定申告が必要だそうです。やはり、税金は避けられないのでしょうかね。

所得税や住民税などその他の税金を合わせて、最高で55%の税金が課されるようです。55%なんて、収入の半分で、とてつもなく税金が高いですね。

リップルに対するネットの反応

→なんか、信じれない、こわ。。。

→もし失敗したらどうしよう、、、、

→やばい! いまめっちゃもうかってる!

などなど、、意見はいろいろとありますが、株と同じように恐怖心がある方もおられるようですね。でも中には、リップルを買い始めてから、儲かった人がぼちぼちいるようです。

まとめ リップルに投資して長者になれる?!

主な仮想通貨として、活躍するリップル。数多くの億万長者を出しています。今では、世界第三位まで上りつめた仮想通貨です。税金やその他のトラブルなどがたくさんありそうですが、儲けられる項目として、注目を受けています。大勢の人がリップルを買う前に、買ってみたらどうですか?あなたも、億万長者になれるかもしれませんよ。

私自身、ビットコインにも投資したことがあります。時間がかかりましたが、少し、儲けを出すことに成功しました。次は、リップルに挑戦してみたいと思います。また、投資は自己責任なので、銘柄をよく調べてから投資して行くことを強くおすすめいたします。