リップルコインの今後は危険!?【カオス】なアルトコインの未来

今後のリップルコインの動きは危険なのでしょうか?

カオスなアルトコインの未来はどうなるのでしょうか?リップルコインは何故注目されているのか。

今回は、リップルコインの今後について見ていきましょう。

取引所を決めていないなら、ここからお申込みいただくと無料でビットコインが貰えます!

⇒ 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck(コインチェック)

リップルコインの役割とは

 

リップルコインは仮想通貨の中でも徐々に知名度が上がってきたアルトコインの1つです。人気の理由はGoogleが出資したことで、日本でも大きな話題になり、リップルコインの価格も高騰しました。

リップルコインは他のアルトコインとは異なる特殊な役割があり、その部分から多くの著名人や企業、慈善団体などから、リップルコイン支持者が増えてきています。

ところで、アルトコインとはどのようなものなのでしょうか。確認していきましょう。

 

アルトコインの今と未来

アルトコインとは、Alternative Coinと言い、代替のコインと意味になります。代表的なアルトコインには、イーサリアム、ライトコイン、日本発祥のモナコインなどがあります。リップルコインもアルトコインの1つです。

ビットコインから分裂してできた暗号通貨(仮想通貨)の総称です。アルトコインの大半がビットコインを元から分裂したもので、ビットコインの基本構造とは大差がありません。そこから追加された構造がアルトコイン1つ1つで異なってきます。

また、未来の話をすれば、まだまだ分裂を続け増えることが予想されます。

リップルコインはアルトコインの中でなぜ、人気が出ているのでしょうか?

 

未来に可能性?リップルコインの凄い3つのポイント

 

リップルコインの未来に可能性があると言われる由縁。そのポイントを3つにまとめてみます。

  • 現通貨と仮想通貨の共存を目指している
  • 時価総額
  • 提携予定の噂

 

この3つがリップルコインの未来に可能性を感じさせる部分です。それでは詳しくみていきましょう。

 

現通貨と仮想通貨の共存を目指している

 

現通貨とは、ドル・ユーロ・人民元・円などです。ビットコインなどの仮想通貨では、現通貨を潰して、それに変わる通貨になることを目指していました。リップルコインはその点で大きく異なります。

リップルコインは仮想通貨の中で現通貨と共存を目指すことを目的としています。なので、提携先などは、世界中の中央銀行やメインバンクなど多くの金融機関が提携先になったり、リップルコイン・XRPを国際送金のテストを行なっています。

実用化が可能になれば、迅速になおかつ、送金手数料がほとんどかからないリップルコインの価値が大きくなってきます。

 

時価総額

 

時価総額が多いと言うことは、流動性が非常に高いと言うことになります。アルトコインとしては、1000種類以上あるアルトコインの中で、時価総額が一時は3番目に多い時もありました。

仮想通貨の中で、時価総額が一番高いものは何でしょうか。

現状だと、ビットコイン(Bitcoin)2番目にイーサリアム(Ethereum)3番目にビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)となります。(2017.12.20時点)

 

 

提携予定

今まで、提携をしてきた企業・慈善事業団体・金融機関などを見ていると、それだけでも目を見張るものがあります。

  • ゲイツ財団
  • ベン・バーナンキ(前FBI議長)
  • RippleNetへ参入する100行以上の金融機関etc

etc・・・

詳しくは、こちらの関連記事からどうぞ

⇒ リップル(Ripple)には【将来性】はない!? 購入する必要は?

 

あくまでも噂のレベルではありますが、AmazonやUberとの提携も囁かれています。それもあり、リップルコインの価格は将来的に見ても色々な見込みや思惑があるので、アルトコインの中でもリップルコインは将来性の高いものと言われています。

出典:ツイッター

 

https://twitter.com/ky81285797/status/943466369726668801

出典:ツイッター

 

リップルコインの危険性

リップルコインに限らず、アルトコインやビットコインなど全ての仮想通貨にはリスクが必ずあります。

また、投資全般に言えることでもあります。リスクがあることを理解した上で投資を行う必要があります。

危険な取引をできる限り行わなことで自分自身を守ることになります。

 

では、危険な取引とはどのようなことなのでしょうか。

  • レバレッジ(信用取引)を行う
  • 全財産を投資に注ぎ込む

信用取引が悪ではないのですが、自身の所持金以上のリスクを背負うことになるのを忘れてはいけません。

生活費まで、投資に注ぎ込むと生活まで破綻してしまいます。余剰金で投資を行うと良いです。

 

また、仮想通貨への投資が初めての場合には、1000円からでも投資は行えます。また、手数料の低く流通の高い取引所を選ぶことで、取引所の倒産というリスクも減らすことができます。