初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?

初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ第1位

仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、
アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック』 がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin   コインチェック

【コインチェック】での手数料は高い!!リップルはどの取引所がおすすめ?

 

コインチェックの手数料は高いと言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。実際にコインチェックの各種手数料をその他の取引所と比べて行きたいと思います。

コインチェックはCMで出川哲朗さんが兄弟の両方を演じている『にいさん!知らないんだ?』で少しずつ知名度を上げている取引所です。

コインチェックとは

 

コインチェックは、仮想通貨のビットコインなどを取り扱っている『取引所』の1つになります。日本国内では、

 

 

ここからお申込みいただくと無料でビットコインが貰えます!

⇒ 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck(コインチェック)

 

 

コインチェックで取り扱っている仮想通貨は?

 

人気の理由は、コインチェックは国内の取引所の中で、取扱の仮想通貨が非常に多いことで有名です。

2017.12月時点では、取扱仮想通貨が13種類もあります。

特にコインチェックでは、時価総額が多い仮想通貨を取り扱っています。

*時価総額が多い=取引が多いコインとなりますので、比較的安全なコインが多い傾向にあります。もちろん、絶対に安全ではなく、時価総額が低いコインでも価格が上昇するケースもあります。そこの見極めも大切になります。

取扱仮想通貨一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガ(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

以上の13種類の仮想通貨を取り扱っているのは、日本で唯一で、チェックコインという取引所のみとなります。

 

コインチェックの手数料一覧

 

次にコインチェックの手数料にはどのようなものがあるのかをみて行きましょう。取引を始めるための入金手数料から、利益が出た時に銀行口座に振り込むための手数料が出金手数料。

売買を行う度に発生する取引手数料などがあります。

 

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • 仮想通貨/入金手数料
  • 仮想通貨/送金手数料

このように5つの手数料があります。

それではコインチェックの手数料について解説して行きます。

 

 

クレジットカードでの入金手数料は高い?

 

コインチェックへ入金するためには4つの入金方法があります。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

この4つの方法がコインチェックでできるコインを購入できる方法となります。

 

クレジットカードでの購入の場合には、5000円から100万円までの『ビットコイン』を購入することしかできません。

つまり、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨を指しています)を購入することができません。

その他の・・・

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

に関していえば、日本円でチェックコインに入金され、その後に、ビットコインを購入したり、アルトコインを購入することになります。

 

そして、クレジットカードで購入した場合、ビットコイン販売所価格にプラス手数料が加算された金額で購入することになります。

 

しかし、正確な明記がないので、コインチェックに直接問い合わせてみました。

Q,『コインチェックのクレジットカードで購入すると何%の手数料が取られるのでしょう?』

A,『お問い合わせありがとうございます。クレジットカードの手数料はクレジット使用時のレートや売り注文の量などをもとに算出しています。クレジットカードで購入する場合には、通常の取引手数料+カード決済システムの利用手数料がかかります。クレジットカード決済のページにて、表示価格にカード決済手数料が含まれていることが記載されております。ご同意の上ご購入ください。』

とメールでお返事をいただきました。

なので、クレジットカードでの購入は手数料がもったいないので、利用は控えた方が良いです。

なので、残り3つの入金方法の中で何を選べば最も手数料を抑えられるかを考えて行きましょう。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金
  • この3つの中で一番手数料を抑えて購入するのであれば、銀行振込になります。

コンビニ入金やクイック入金は、その場ですぐに反映されるものなので、非常に便利です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

それが故に入金手数料も高くなりますので、余裕を持って、銀行振込をしておくと良いでしょう。

使い分けとしては、コンビニ入金やクイック入金も、下落したときに、買い集めるときなどに便利なので、覚えておくと良いでしょう。

コインチェックでの出金手数料は、どうすれば手数料を抑えられる?

 

コインチェックに限らず、仮想通貨の取引所から、銀行口座に出金するときに、出金手数料はかかります。

コインチェックからの日本円で出金する場合には、出金手数料は400円になります。

 

米ドルでの出金も可能ですが、その場合には、出金手数料が2500円もかかるためおすすめできません。

 

出金の上限は5000万円です。

細かい金額で、こまめに出金をしてしまうと、その度に出金手数料がかかってしまいます。

まとめて出金することが手数料を抑えるコツになります。

 

 

コインチェックの取引手数料は注意が必要

 

ビットコインをコインチェックで買ったり、売ったりすると毎回、取引手数料がかかります。

また、取引手数料も、取引の形態により変ってきます。

 

 

 

リップル(XRP)を扱う取引所が人気の秘密

リップル(XRP)がなぜ取引所の中で人気が高いのか?

1つには、他の仮想通貨にはない、ドル・ユーロ・円などの通貨との共存にあります。他の仮想通貨では、通貨と対立関係にあり、通貨に変わる仮想通貨を目指しています。

 

ところがリップル(XRP)が目指しているのは、通貨との共存にあるので、通貨を扱う銀行やカード会社なども協力的にリップル(XRP)の技術を利用したいと考えているところが増えてきています。

リップルの代表的な技術が、国際送金などに関わる技術です。

出典:Twitter

https://twitter.com/cryptobeatz2017/status/941137114397155328

出典:Twitter

 

 

出典:Twitter

 

 

その他のリップル関連記事

⇒ リップル(XRP)は【2020年】いくらまで上がるのか?みんなの予想

 

 

 

 

初心者でも安心して買える!リップル(Ripple)の取扱い取引所は?

初心者さんでも安心できるリップル(Ripple)を取り扱っている取引所は・・・
オススメ第1位

仮想通貨の取扱いが初めての初心者さんでしたら、
アプリ利用率NO.1の『【coincheck】コインチェック』 がオススメです。
手数料や取扱いをしている通貨の豊富さ、そして初心者でも分かる操作性もずば抜けています。
↓↓↓ここからお申込みいただくと
無料でビットコインが貰えます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin   コインチェック