コインチェック営業一部再開で何が変わる?

2018.10.30にコインチェック一部再開の通達がきました。

これによると、コインチェックは営業の一部を再開した旨を伝えました。

今回はXRPは含まれておらず・・・

  • BTC
  • ETC
  • LTC
  • BCH

上記の仮想通貨の入金を再開しました。

また、出金の再開は・・・

  • BTC(もともと停止していない)
  • ETC
  • LTC
  • BCH

このようになっていて、BTCはもともと停止していませんでしたが、それ以外の3つは仮想通貨の出金再開となりました。

 

コインチェックの新規口座開設は?

 

コインチェックの新規口座開設も再開となりました。

今まで止まっていた新規参入者がこれで増えてくることも考えられます。

 

現状でいうと、ビットバンク(BB)が国内で使いやすいとなっていますが、コインチェックの新規口座開設が始まれば、扱いやすいコインチェック(CC)に人が流れて行くことになるかもしれません。

 

仮想通貨界隈への影響

 

今まで動いていなかった取引所が動くことは、その取引所を利用していたユーザーが少なくても動き出すということです。

そして、それ以外にも仮想通貨に興味を持ち始めている新規口座開設が増えることにもなってきます。

流動性を考えてもよくなることあっても、ハッキングがまたない限りはメリットの方が大きくなると思います。

 

コインチェック一部再開に少し焦りを感じて、ビットバンクも扱いやすい取引所になることを求めます。

 

ともあれ、大きく扱いやすい日本の取引所が再開したことで、金融庁の方向性も見えてきたと言えるのではないでしょうか。

 

仮にそうであれば、良い流れがくる可能性も大きくなりそうですね。

コインチェックもビットバンクも頑張れ!!

コインチェック公式発表

 

 

また、コインチェックの再開は一部であって、まだXRPは入金が再開されていない。

XRPは日に日に大きくなっている仮装通貨なので、早めの対応をコインチェックさんにはお願いしたいもんですね。

 

ぼくとしては、これで日本人の新規参入者が増えて、売買が盛んになり、XRPの底上げになったら嬉しいと思っています。

 

コインチェック再開で価格の変動は?

 

 

コインチェックの再開から価格の変動はほとんど影響がないようですね。

コインチェックへの新規参入者さんが入ってくるとしてもこの後数日でしょうし、XRPがコインチェック再開しない限り状況も大きく変わるとも考えにくいですね。

 

しかし、株式市場では、コインチェックの親会社でもある『マネックスG』が一時ストップ高を記録しました。

これが意味するものが今後仮想通貨の界隈にも影響を及ぼしてくれることを、期待しちゃいますね。