リップルの【アービトラージ取引】とは

仮想通貨を購入しようとする際、さまざま取引所でお目当ての仮想通貨の値段が確認できると思います。

その際に「この取引所では1XRP120円なのにあの取引所では1XRP=123円だ。同じ仮想通貨同士なのに取引所によってその価格が違うぞ?」なんてことがよくあります。

このような、取引所間の価格差を利用して売買益を取ることを目的とする取引のことを「裁定取引」、または「アービトラージ取引」といいます。

仮想通貨でもアービトラージ取引はできるのか?

「アービトラージ取引」は仮想通貨に限った話ではなく株式や先物取引でも用いられているメジャーな手法です。

例えば株式の場合。同じ株式でも東京証券取引所と札幌証券取引所とで株価が違うことがよくあります。

さて、仮想通貨でも同様のことが言えます。

例えばA取引所で安く買ってB取引所で高く売る、という取引がリップルコインなどの仮想通貨でもできます。

しかし、リップルコインでアービトラージ取引をするには、いくつか準備するものがあります。

 

・アービトラージ取引に必要なもの・準備すべきもの①各取引所の自分のリップルコインのアドレス

 

まずは、2つ以上の取引所にてリップルコインを売買するための口座を開設する必要があります。

主な取引所としてはDMM Bitcoin、ビットバンク、コインチェック取引所、GMOコインなどがあります。

これらの取引所の中から、最低でも2つ以上、できればすべてのアドレスを取得しておくことをおススメします。

→ 【コインチェック】での手数料は高い!!リップルはどの取引所がおすすめ?

 

 

・アービトラージ取引に必要なもの・準備すべきもの② ネット銀行の開設、日本円の振り込み

 

アービトラージ取引はスピードが命です。スムーズに取引ができるよう、ネットバンクにいくらかの資金を準備しておく必要があります。

 

・アービトラージ取引に必要なもの・準備すべきもの③ 各取引所にリップルコインか、日本円を用意しておく

 

上記と同じく、アービトラージ取引を行うには各取引所に仮想通貨を用意する必要があります

以上3つがそろえば準備完了です。あとはやり方を理解するだけです。

 

リップルコインでのアービトラージ取引のやり方

さて、準備が整えばあとはアービトラージ取引をするだけです。

アービトラージ取引の方法は主に3ステップ

  1. より安い取引所にてリップルコインを購入する
  2. より高い取引所の自分のアドレスへリップルコインを送金する
  3. 送金先に手リップルコインを売却する

これだけです。

文字に起こすとものすごく簡単に見えますが、アービトラージ取引をするには入念な事前準備と速い判断力、実行力が必須です。

リップルコインのアービトラージ取引のリスク・リターンについて

 

リップルコインのアービトラージ取引のやり方について説明したところで、そのリスクとリターン性についても解説していきます。

まずリスクはあるのか?についてです。

あらゆる取引にはリターンだけではなく必ずリスクは付きまといます。しかし、リップルコインのアービトラージ取引については、上記でも述べた通り、入念な準備と迅速な判断・実行力に加え、取引ツールの慣れがあればそのリスクはかなり抑えられます。

リターンについても、リップルコインは株式と比べて取引所ごとの価格差が大きく開いていることがありますので、その分大きな利益を得られる可能性があります。

さらに、ビットコインなどの場合、取引所間の送金に数分~数十分かかることも少なくないのですが、リップルコインの場合だと早い取引所だと3秒ほどで送金が完了するので、アービトラージ取引にはかなり有利だと言われています。

どの取引所を狙えばいいのか?

アービトラージ取引にて利益を得たいのであれば、日本での価格と海外での価格の両方を確認できれば利益率が上がるのは言うまでもありません。

なので、日本の取引所・海外の取引所それぞれにアカウントを開設するべきです。

さらに、送金がスムーズに行えて、送金後の売却も速時にできるツールが必要不可欠です。

これらを兼ねそろえた取引所にてアカウントを開設することをおススメします。