リップルが【アメックス】と提携??今後の株価は?

リップルにさらなる追い風?アメックスとの提携でますますパワーアップするリップル!

 

衝撃のニュース!リップルとアメックスが業務提携

 昨年、2017年11月17日のアメリカの大手メディアCNBCから、仮想通貨界隈に大きな衝撃を与えるニュースが飛び込んできました。アメリカ大手クレジットカード会社アメリカンエキスプレス社がリップルを国際送金の際の決済システムとして導入すると発表しました。

https://www.cnbc.com/2017/11/16/american-express-santander-team-up-with-ripple-on-blockchain-platform.html

 アメックスといえば、日本でもおなじみのクレジットカードで、紛失しても翌日には再発行してくれたり、ゴールドカードやセンチュリオン・カードのように富裕層向けのクレジット決済サービスを提供していることから、「世界で一番信頼できるカード」というイメージが多く聞かれます。

 そんな会社が決済システムとして仮想通貨を使うとは、何がどうなっているのでしょうか!仮想通貨といえば、最近のコインチェック社からのNEMの流出が大きな問題となり、全体的にマイナスのイメージが強くなっていますよね・・・。

 ですが、そもそも、リップルってどんな仮想通貨かご存知でしょう?次の記事で少し勉強してみましょう!

リップル以外の仮想通貨

 仮想通貨といえば、Bitcoinから始まり、NEM、ライトコイン、イーサリアムなどなど、たくさんありますよね。

 そんなたくさんある仮想通貨、実は二つの分類に分けることができます。一つが有名なビットコイン、そしてもう一つが「アルトコイン」と呼ばれるものです。アルトコインとはビットコインをもとに作られた進化版の仮想通貨で、リップルもこの中に含まれます。

 リップルとビットコインの大きな違いは、発行方法にあります。ビットコインが、一つの発行元でなく複数の発行元がブロックチェーンを介してビットコインを発行できますが、リップルはリップル社のみが発行権限を持つようプログラムされており、発行数が安定しているために価格の流動性が抑えられています。またリップル社は、2017年12月8日に、保有総数610億XRP(1XRPがリップルの最小単位)のうち、550億XRPをロックアップ、つまり市場へ出回らないよう保護したと発表しました。これにより、リップルの価格が極端に下落するリスクが消滅しました。さらに毎月10億XRPずつ市場に解放されることも予告されているため、リップルの需要過多による急激な価格の上昇もある程度は抑えられることも予測されます。

 

なんでアメックスはリップルと提携したの?

そんな抜群の安定性を持ったリップルは、もともと国際間送金のための決済システムとして開発されました。海外とネットショッピングなどで電子決済したことがある方はイメージしやすいかもしれませんが、海外との送金は最大で2週間かかることがあります。これでは急を要する取引に対応できず、国際送金を利用する顧客の満足度低下につながりかねません。

そこでリップルの出番です。リップルはもともと国際送金をスムーズに、よりスピーディーにするために開発されました。リップルを利用すると最短で約4秒で送金が完了します。リップルとの提携により実現したアメックスの新しい決済プラットフォームにより、国際取引がよりスムーズになると同時に、海外での不正使用などトラブルにも即時に対応できるようになることから、さらにアメックスが海外で使いやすいカードに進化することが考えられます。

今後のリップル市場へのインパクトとは!

 仮想通貨は銀行やアメックスなどのクレジットカード会社など、金融木なんの決済システムに導入されると信頼性が増し、取引量も増加することから一気に価格が急増する傾向があります。リップルも同様に昨年は1XRPあたり0.7円ほどだったのが、現在は110円ほどまでに値上がりしており、今後も順調に値を上げていくことが期待できます。

 

まとめ:リップルが【アメックス】と提携??今後の株価は?

   いかがでしょうか。リップルの魅力を理解していただけましたでしょう

  か。リップルはサウジアラビアの国際送金システムとして正式に導入され

  たり、アマゾンとの提携が噂されていたりと、さらなる可能性を秘めていま

  す。現在は前述のロックアウトのために価格は安定していますが、新たな提

  携がニュースになれば急激に価格が変動することも考えられます。ますま

  す面白みを増すリップルの次のニュースが楽しみです。