2018年になり、日本でも仮想通貨を巡って、ある事件をきっかけに、今まで関心がなかった人でも、関心を寄せることが起こりました。 若い人の間では、仮想通貨はすでに、身近なものです。実は皆さん、ゲーム内で使用するコインを得るために、スマホなどに課金をしていますよね。 これはいわゆる「仮想通貨」です。

2018年になり、日本でも仮想通貨を巡って、ある事件をきっかけに、今まで関心がなかった人でも、関心を寄せる動きが起こりました。

若い人の間では、仮想通貨はすでに、身近なものです。実は皆さん、ゲーム内で使用するコインを得るために、スマホなどに課金をしていますよね。

これはいわゆる「仮想通貨」です。

毎日「Fate/Grand order」「モンスターハンター」「どうぶつの森」などをやっている人は、必要に応じて、リアルマネーで課金をし、自分のアバターを強くするためのアイテムを購入したり、自分の持ち物をカスタマイズします。

これこそ、ゲーム内といった限られた間で通用する、仮想通貨です。

ただし、ゲーム内の仮想通貨と、今話題になっている仮想通貨の違いは。投資をできるかできないかで、もしもモンスターハンターの通貨が、仮想通貨として世界的で利用されるようになったら、今以上に関心を寄せる人がいるかもしれません。

 

2018年に入ってからのリップルの動き

 

2017年末から2018年にかけて、仮想通貨三番手の位置にいるリップルに大きな動きが見られました。

特に、2月に入り、世界各地でリップルの大きな動きが見られ、1XRP 100円が一日で120円を超える動きが見られました。

この背景には、リップル社が2月に仕掛けた様々な動きが要因と言われています。

20182月に、アメックスと提携し、クレジットカード会社(大手信販会社)のアメリカンエクスプレスカードが、リップルのブロックチェーンベースの決済を実現しました。Googleの出資を受けているリップルですので、大手でも安心ということなのでしょう。

仮想通貨の決済を、クレジットカード会社が行うというのは、まさにキャッシュレス社会ならではの方法ですね。

また、韓国・中国・カナダ・ドバイ・インドとここにきて、一息にアジアの仮想通貨の取引所が、リップルの取り扱いを始めました。特に仮想通貨の関心度が、国民税体に高いインドでは、インド最大の取引所がリップルの取り扱いを正式に開始しています。

20182月では、すでにこういった動きから、リップルの価格の上昇が見込まれています。

 

今後の日本でのリップルの動向

 

日本国内で、今後注目すべき一番の動きは、三菱東京UFJ銀行でしょう。

すでに、三菱東京UFJ銀行はリップルの取り扱いによる、ブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始めることを、発表しています。こちらは2018年の4月からの開始となっていますので、この春から転勤や留学で、家族が海外生活を始める人には、リップルユーザーになる、まさに、いい機会と言えます。

こちらは、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、横浜銀行といった国内大手の銀行でも、同様に取り扱い参加を発表しています。

他でも、セブンイレブンの店頭にある、セブン銀行、ファミリーマートのファミポートで、リップルを利用した海外送金が可能になっています。

投資目的というより、こういったコンビニにある端末を利用した送金ができるリップルは、日本人の生活に合った仮想通貨なのかもしれません。

 

リップルの安全性

こういったことに慎重な日本の銀行が動いた理由としては、リップルがエスクローエージェントを利用し、身勝手なコインの流出による高騰を避ける、といったしっかりとした体制をとっていることもあげられます。

Googleやアメックスなどの大手の出資や提携。そしてYahoo!の上級役員がリップル社のCEOを、他にも経営の中枢にいるのは、元モルガンスタンレーの共同社長と、経済のプロたちがリップル社の中枢を務めていること。

こういった信用性、安心巻がリップルを安定的に上昇させる要因となっています。

2018年になって、今まで水面下で会った情報も、次々に発表され、皆が知るところとなりました。すでに、リップルユーザーの皆さんにとっては、「やっぱり」と言ったことでしょう。

しかし、こういった情報をもとに、今まで無関心だった新規ユーザーも増えていきます。この新規ユーザーの参加とそれによるベテランユーザーの動きが、今後リップル(XRP)の価値を上げていくことになっていくでしょう。